FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > おいしい銀座 > おいしい銀座6

おいしい銀座

おいしい銀座6

おいしい銀座6

クリスマスの話からスタート。
そもそものクリスマスは、キリストの生誕を祝って、家族で食卓を囲み、静かに過ごす。
そして1年の反省をしたり、家族、隣人に感謝をする日。

にも関わらず日本に伝わったらコレですもんね(^^;)

個人的になくなって欲しいイベントNO2です・・・(-_-;)
(1位はバレンタイン)

改装準備でクリスマス返上で働くみんなに、ケーキを作ることになった真理と桜井。
どちらも美味そうでした。


下見を兼ねて真理と榎木田は、カドヤ内にオープンする三ツ星レストランで食事。
真理の夢も叶い、いい雰囲気になりました。

さらに宇野のおじさんが作るパンは、近頃売れ行き不振でしたが、そのレストランで使うパンを作ることも決定。

みんなにとって希望にあふれたレストラン街がついにオープン。
全てが順調かと思われた時に、榎木田についての事件が。

カドヤを退職し、松尾グループ参加のミツヤ百貨店の新会社、ミツヤフードサービスの社長に決定しました。
真理と桜井は食品売り場マネージャー、藤崎は食品売り場、天空レストランの統括マネージャーにランクUP。

その事情を内緒にされていたことも、ライバル店に移ったのも悔しい真理は、榎木田のプロポーズをさえぎり、榎木田の元を飛び出しました。
とは言え、カドヤの隣のビルの社長ですから偶然会うこともあるわけですが。

裏切られた感のある藤崎、桜井、真理でしたが、心機一転、仕事を休んで温泉に行き、決意を新たにしたのでした。


 ⇒ おいしい銀座6

<<バーテンダー12私が読んだマンガとアニメ屍姫9>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム