FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか7

いぬばか

いぬばか7

いぬばか7

最初は、子供を亡くした母とその娘マユの話。

交通事故でわが子を亡くした母は、マユが心配で家から出そうとしません。

ところが、マユはふとした拍子に外出し、以前3人で来たことがある「わっふる」に。
そこですぐりからミニチュアダックスを抱かせてもらったマユは、思わずその犬を連れ、自宅に帰ってしまいます。
もちろん母に怒られてしまい、飛び出すように再び外へ。

マユはすぐりによって発見され、ミニチュアダックスはその家に飼われることになりました。


次は山下マリ(通称やまりん)の話。

人気モデルでもあるヤマリンは、パピヨンのラッキーの飼い主。
彼女を狙う男から迫られても、ラッキーはとび蹴りして守ります(笑)

もちろんやまりんが表紙を飾る雑誌を選ぶのもラッキー。

幸運の女神です(オスだけど)。


次は留学生キムの話。
柴犬チャンタを大学にまで連れて行っているおかげで、キムは女性から大人気。
浮かれているキムですが、あらためてすぐりが好きなことに気付くという話でした。


店の売り上げを、子犬の販売に頼っているわっふる2号店。
トリミングができるのは店長哲平だけですが、わっふるから買われていった犬たちのアフターケアをするためにも、一層のサービスの向上を目指すにも、もう1人トリミングができる人を探すことに。

1号店店長SHOWさんからの紹介でやってきたのは竹内桃子。
B級の資格は持ってますが、犬と接する時以外、あまり笑顔を見せません。

心配する哲平ですが、その理由はアホな彼氏にお金をせびられているせい。

すぐりの協力もあり、桃子は無事にわっふるメンバーの仲間入りを果たしました。


竹内さんの着替えを見てしまうと照れるのに、すぐりの着替えを見ると照れるどころか怒る哲平グッドです(o^-')b

マンション内に更衣室を兼ねたわっふる女子寮完成です。


犬は微妙な表情まで描き分けられているのに、登場人物(特に脇役の女性)の顔が似通っているといういぬばか(笑)
読むと犬も飼いたくなりますな。

 ⇒ いぬばか7

<<駅弁ひとり旅1私が読んだマンガとアニメハンマーセッション6>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム