FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > いぬばか > いぬばか6

いぬばか

いぬばか6

いぬばか6

アジリティの大会も終わり、ヘンリーとも離れ離れになってしまったすぐりは、イマイチやる気が起きません。
それでも、これまで放っておいたるぱんの奇怪な動きと、納豆のニオイで(笑)、いつもの日常に戻りつつありました。

そんな時に、哲平が川で見つけてしまったのが捨て猫。
かわいそうとは思いつつ、見なかったことにしようとしますが、ノワが助けてしまいます。

その時からノワはお母さん代わりに。
想像妊娠のためにオッパイまで出ています。

ラブラドールのノワのオッパイを飲む子猫。
一緒に昼寝をする2匹。

かわいい・・・(*´ -`)


実はこの子猫は、ある高校の映画研究会で撮影中に流されてしまったタマ。
高校生が現れたことで、子猫は引き取られていきました。

後に残ったノワが寂しそうです・・・(┰_┰)


次はあるシュナウザーとるぱんの話。

わっふるから買われたおとなし目のシュナウザーは、飼われた先の家では異常に吠えるそう。
様子を見に行った哲平とすぐりでしたが、原因が分かりません。

ところが一緒に行ったるぱんも一緒に吠え出し、2匹で庭を掘り始めました。
そこに埋まっていたのは大きな黒いモノ。

周辺で不発弾騒ぎがあったことで、爆弾かっ?!と思われましたが、それはただのタイムカプセルでした。

ちょっとギクシャクしていたその家庭を修復できたのは、タイムカプセルに入っていた父のノートのおかげ。
タローとるぱんの手柄?でした。


次はドッグカフェ。

アキバさんに連れられて、ちづるとすぐりはカフェデビュー。
気ままで自由なるぱんのせいで、恥ずかしい思いをしたすぐりは、今さらながら、るぱんのしつけにチャレンジするのでした。

ところが、「待て」もできないままに、香奈子先生の犬、ツェルニーの誕生パーティーに呼ばれてしまいました。
場所はあのドッグカフェ。
そこにはドッグカフェのプリンスや、イマドキの若者JINなどもいました。

何とか乗り切ったるぱんですが、すぐりはJINから、犬に悪気はないから怒らないように、という教訓を学んだのでした。


やっぱりおもしろいな。いぬばか。

この調子でねこばかも描けばいいのに・・・

 ⇒ いぬばか6

<<絶対可憐チルドレン私が読んだマンガとアニメ王様の仕立て屋19>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム