FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > ただの日記 > マンガからドラマ

ただの日記

マンガからドラマ

近頃のドラマは、元ネタがマンガというものが多いように思う。
どうしても原作を知っていると、比較して見てしまう。

まさに「おせん」がそうだった。

日本文化や伝統というお堅いテーマも、「原作おせん」ではすんなり読めて、再認識できた粋で雅なマンガだったが、「ドラマおせん」はそういう部分にスポットが当たることも少なく、メインであるはずの料理についてもイマイチ。

腹が立つというほどでもないが、楽しみにしていただけに残念なドラマだった。
ドラマではなく、アニメが良かったのではないかと思ったり。

まぁ蒼井優ちゃんはかわいかったですけど。


要するに何だっていいから、ドラマ、アニメ、マンガそれぞれの利点を生かして、面白い作品を作って欲しいという話。

気の利いた着地点を見つけられないまま強制終了。

日記だからいいんだ。たぶん。

<<黒執事5私が読んだマンガとアニメマスターキートン>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム