FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 築地魚河岸三代目 > 築地魚河岸三代目18

築地魚河岸三代目

築地魚河岸三代目18

築地魚河岸三代目18

アラとアラの話です。
九州でも珍しい、鍋などでアラと呼んで食べている魚は、クエという魚。
(アラと言ってハタを出すような料理屋もあるようですが)

しかし本物のアラという魚も、アラと呼ばれてしまっているのが現状。
本物のアラは、クエ以上に珍しく、超高級な魚だそうです。

土地によって魚の呼び名が変わることは多いみたいですね。


そしてマグロの話。
やはり馴染みがあるし、思い入れのある魚だからでしょうか。
マグロの登場回数が多いように思います。

でも今度は冷凍マグロについて。

生のマグロが美味しくて、冷凍マグロは美味しくない、というのは全くの間違い。
冷凍マグロは解凍が上手に出来てさえいれば、おいしいマグロなんだそうです。

生に比べて冷凍マグロは半値以下。
同じ値段を出すならば、生のマグロより美味しいものが買えるそうです。

極端に不味いマグロは、解凍がうまくされていなかったか、冷凍庫に1年以上も眠っていたか。

なるほど。
信頼できるところから買えるなら、冷凍マグロで問題ないようですね。


そういえば、冷凍庫に入れると何日でも大丈夫と思っている人が多いですが(ウチの母親がそうです)、他の食品でも、冷凍保存したものは2週間くらいしか持たないってテレビで見たことがあります。

ちなみに、おいしい冷凍マグロの見分け方は、身がチヂレているもの(急速に冷凍させた証拠)。
それをキッチンペーパー等にくるみ、ラップをして冷蔵庫に1日くらい寝かせると、旨みが増して身がしっとりするそうですよ。


そしてハタハタの話。
ハタハタは好きなんですが、私はあの卵が苦手です(-_-;)
何せ納豆も嫌いなもので・・・

でもしょっつる鍋は大好きです(笑)

日本の三大魚醤は、秋田の「しょっつる」、四国の「いかなご」、石川の「いしり」だそうです。


そして最後は街の小さな鮮魚店の話。
魚辰の三代目になったばかりの頃に、旬太郎を育ててくれたオヤジさん。

名物のイカの塩辛が美味そうでした。


この話のように、卸と鮮魚店が協力し、さらに買う我々も、新鮮な魚を扱う鮮魚店で、魚について話を聞きながら馴染みとなる。
そんな関係になれればいいですよね。

大きなスーパーができる前まではみんなこうだったはずなんですよね。
おかげで商店街は閑古鳥。

ウチは今でも、肉や魚等は商店街で買ってますよ(o^-')b

 ⇒ 築地魚河岸三代目18

<<灼眼のシャナ私が読んだマンガとアニメいぬばか3>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム