FC2ブログ

バーテンダー

バーテンダー19

バーテンダー19

さて、いよいよイーデンホール R&Tが開店します。

続きを読む »

スポンサーサイト



ピアノの森

ピアノの森18

ピアノの森18

読むたびに(あぁ、もう少し絵が上手かったらなぁ・・・)と思うこのマンガ。

題材も面白く、できることなら音が聞きたいと思える内容だけに、いろいろと高望みをしてしまいます。


前巻と同じく、ポーランドで行われているショパンコンクール二次審査の続きから。


続きを読む »

アニメ全般

魔乳秘剣帖

魔乳秘剣帖

その名が示す通り、乳アニメです。

乳房の大きさが身分、地位に直結するという無理やりなストーリー。

「乳こそこの世の理」という考えに疑問を持った魔乳一族の娘、魔乳千房(まにゅうちふさ)が秘伝書を持ち出して里を出て・・・という話です。


多発する乳。

しかるべきシーンには光が射し込み、絶妙に隠されますが、DVDなどでは光修正はなくしっかり描かれています。

主人公の千房(ちふさ)のCVは寿美菜子さん。

付き人の楓(かえで)は豊崎愛生さん。

「けいおん」でも活躍してましたが、2人とも人気の声優ユニット「スフィア」のメンバーです。

2人のちょっとしたエロ声が聞けるというのもファンにはうれしいかも知れませんね。


あ、アニメの内容はイマイチかも。

というより、2,3話で見るのを止めてしまいました(笑)

魔乳秘剣帖

アニメ全般

ダンタリアンの書架

ダンタリアンの書架

2話まで見ましたが、ちょっと挫折してしまいました。

もう少し本という題材を生かした内容を期待したんですが、本を武器代わり(?)に使うだけだったので、興味を失ってしまったという感じ。

では内容を少し。


蒐書狂(ビブリオマニア)である祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書を引き継いだヒューイ。

屋敷の地下へ行ってみると、そこには不思議な少女ダリアンがいました。

彼女は禁断の「幻書」、「ダンタリアンの書架」への入り口。


よく分からないままに一緒に行動することになったヒューイとダリアンが、次々と起こる怪事件を幻書で解決していくという話です。


それなりに興味深い設定ですし、ダリアンの声、沢城さんも好きですが、上記のような理由のために挫折してしまいました。

その代わりというか、マンガの方は読んでます(笑)

ダンタリアンの書架

幸福喫茶3丁目

幸福喫茶3丁目11

幸福喫茶3丁目11

11巻まで読みました。

気楽にサッと読む分には害はありませんし、つまらない訳でもありませんが、展開は似ているので人によっては飽きるでしょう。

ちなみ妻は好きなようです。

男女の感じ方は違いますしね。

まぁ良しとします。


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

ダンタリアンの書架

ダンタリアンの書架

アニメとは違い、最初からダリアンとヒューイは行動を共にしています。

そして、いきなりダリアンの門を開けたりしてます。

初めて読む人は(何のこっちゃ)と思うはずで、さらに「書架」というタイトルから、本がらみのマンガだろうと予測してしまうと様子がおかしいことに気付くでしょう。

本がらみの展開には違いありませんが、「金魚屋古書店」(⇒こちら)のような、モロに本ばかりというワケではありません。

若干、狂気じみた内容が主です。


1巻の最後の方で、ようやくダリアンとヒューイの出会いの話が語られるので、1巻だけでは事情は分からないままです。

読む際は2巻まで続けた方が良いかもしれません。


絵とかは好きですが、内容という点から見れば、まだ良く分からないというのが本音です。

アニメの方は2話で挫折してしまいましたが、マンガの方は続けたいと思います。

ダンタリアンの書架

めだかボックス

めだかボックス8

めだかボックス8

完全にバトルマンガになってきたなぁと寂しい気持ちもありつつ、ノリに乗っている西尾維新がどのようなストーリーを書くかというのも気になるめだかボックス。

はや8巻です。

球磨川を筆頭とするマイナス13組が少しずつそろってきました。

めだかが、前生徒会長、日之影空洞(ひのかげくうどう)に助けを求めたところからスタートです。


続きを読む »

とめはねっ! 鈴里高校書道部

とめはねっ!7

とめはねっ!7

だいぶ間が開いた「とめはねっ!」ですが、やっぱり地味に面白いんですよね。

今巻は、かな文字がメインの話で、なかなか興味深かったです。


では内容を。

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

学園ベビーシッターズ

学園ベビーシッターズ

「LaLa」に連載されているらしいこのマンガ。

妻主導で借りました。


飛行機事故で両親を亡くした中3の鹿島竜一(かしまりゅういち)と、2,3歳の弟虎太郎(こたろう)。

彼らが、やはり事故で息子夫婦を亡くした学園の理事長に引き取られ、その学園に通いながらも学園内のベビーシッターを任されるというハートフル学園コメディ(?)です。

とにかく子供たちがかわいい。

聞き分けの良い虎太郎を見ていると「flat」を思い出しました(→レビューはこちら)。


少女マンガジャンルでも、恋愛どうこうという話ではないので(まだ1巻しか読んでないけど)、男性でも読めるでしょう。

子供好きならもちろん、ふんわり、ほっこり系が好きなら楽しめそうです。

学園ベビーシッターズ

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム