FC2ブログ

妖怪のお医者さん

妖怪のお医者さん13

妖怪のお医者さん13

前巻から続いている片車輪の話からスタート。

楠石千里の正体、クロの秘密なども明らかになります。


では13巻。

続きを読む »

スポンサーサイト



しおんの王

しおんの王4

しおんの王4

面白いのか面白くないのか(画が上手いのか下手なのか)、イマイチはっきりしないまま、とうとう4巻まで借りてしまいました。

まぁ、借りる気になっているという点で考えれば、面白いマンガに分類されるのかも知れませんが。

私のハードルは低いので、あまり参考にはならないかも知れません(笑)


さて4巻。

続きを読む »

金魚屋古書店

金魚屋古書店8

金魚屋古書店8

8巻で取り上げられていたマンガはこんな感じ。

『ぼのぼの』いがらしみきお

『百花庭園の悲劇』山田章博

『ドラえもん』藤子・F・不二雄

『ぱろでぃわぁるど』ゆうきまさみ

『エイジ』江口寿史

『龍虎門』


その他『クレヨンしんちゃん』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『らんま1/2』『ベルサイユのばら』『のらくろ二等兵』『20世紀少年』『鉄腕バーディー』『空手バカ一代』『干物女』『玄人のひとりごと』など。


エクスリブリス(蔵書票)ってのも、中々味があっていいですね。
初めて知ったけど。

あ、現在TVで放映しているアニメで、もっとも昔からやっているアニメ作品はヤン坊マー坊天気予報だそうです。

金魚屋古書店8

駅弁ひとり旅

駅弁ひとり旅10

駅弁ひとり旅10

前巻の最期で、フランスから来ていたクリスと別れ、ようやく1人旅かと思いきや、すぐさまあらたな女性が(笑)

しかも台湾からやってきたという双子です。

この日本一周の旅が、奥様からのプレゼントであることを忘れているのでしょうか。

軽く国際的な浮気旅になってしまっているような気がします。


◆常陸大子駅(玉屋)
奥久慈しゃも弁当 950円

白飯
しゃも肉
ごぼう煮
玉子そぼろ
山ふき
たくあん
ナスのしば漬け

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

NARUTO

NARUTO

これも今さら書くこともないほど有名ですね(^^;)

忍者モノです。
海外ではワンピースよりもナルトの方が人気があるとか聞いたことがありますが。

主人公のうずまきナルトは、自分の体に封印されていた九尾の狐せいで、忍術等が上手く扱えません。
いわゆる落ちこぼれ忍者です。

そこから里を代表する忍者に成長するまでの過程が楽しいマンガ。


ジャンプ特有の、努力、友情などももちろんありますが、修行シーンも多く、また気軽に読めるというのが私が好きな理由です。

正直、読み始めたときは、誰が誰だか分からなかったり、多い登場人物が面倒だと思ったこともありましたが、今は一応(?)続きが気になります。

妻は結構気に入って読んでいるようです。

NARUTO

その他 過去に読んだマンガたち

ワンピース

ワンピース

言わずと知れたワンピース。

ファンは国内、国外問わず数多く、様々な感想を書いている人も数知れず。

何で今さらこんな記事を、と思う方もいると思いますが、レンタルしながら少しずつ読み続けてきて、最近ようやく追いついたというのがその理由です。


やはり長寿マンガ、アニメには理由がありますよね。

面白いです。

伏線がスゴイ!とか言われることも多いようですが、個人的にはちょっと違う意見です。

単純に、設定のロングパスがしっかりしているというだけではないかと。

ま、伏線が上手に利用されて、読み手に伏線を伏線と感じさせないというだけなのかも知れませんが。


いずれにしても、細々とした設定が、後になって明らかになるというのは、読んでいて面白いし、何より長編ものとしては理想的な形なのではないかと思います。

私が生きている間に完結して欲しい(笑)

ワンピース

ただの日記

ドラクエ8

ドラゴンクエスト8「 空と海と大地と呪われし姫君」を、近所のショップで500円で買った。

もちろん中古だが、全く構わない。

ちなみに安い順 ⇒ ドラゴンクエスト8「 空と海と大地と呪われし姫君」

以前、妻がドラクエ5に目覚めたという話を書いたが、それで気を良くしたのか、今度は8を買うことになったという流れ。

これに関しては私も未体験なので、それぞれが隙を見て、交互に遊んでいる状況だ。


マンガをレンタルすれば、安くても10冊500円(ウチの近くでは)で、1週間。

でもドラクエならば、500円で2,3週間はじっくりと楽しめる。

安上がりではないか。

ま、電気代はかかる訳だが。

アニメ全般

迷い猫オーバーラン!

迷い猫オーバーラン!

主人公は都築巧(つづきたくみ)。

ちょっと、いや、かなりツンデレという言葉が似合う、芹沢文乃(せりざわふみの)や、猫耳(?)を持つ謎の少女、霧谷希(きりやのぞみ)、令嬢の梅ノ森千世(うめのもりちせ)。

彼女たちがからむ恋愛がベースにあるために、見ていると恥ずかしい所も多々あった訳ですが。

とは言え、ヒロインの文乃の声を担当しているのが伊藤かな恵さんだったという点、さらに、もう1人のヒロイン希の声が、竹達彩奈さんだったという点がポイントとなり、頑張って見てみた次第です。

あ、それぞれ、「とある科学の超電磁砲」の佐天涙子役、「けいおん!」の中野梓役です。


内容は、主人公の巧と、取り囲むヒロインの3人、姉の乙女などが織り成すドタバタ学園恋愛コメディー(?)という感じ。

ツンデレが好きなら文乃も気に入るでしょう。
かわいいし。

猫耳と不思議系が好きなら希。

妹キャラが好きなら梅ノ森千世(うめのもりちせ)。

ヒロインが3人いるので選べます。


ちなみに、「とある~」が好きな人なら、千世のメイド2人(佐藤、鈴木)が、御坂と黒子です。

佐藤利奈さん、新井里美さん。

その辺りに注目してもいいかも知れません。


さらに、所々に他アニメ、セイント聖矢、コードギアス、スターウォーズ、とある魔術の~、ジョジョなど(たぶん)のネタが登場しているので、そういう所を探してもいいかも。


個人的には普通でしたが、8話の文乃のバブーには笑いました。

迷い猫オーバーラン!

ただの日記

どうした楽天

今年ほど野球を見ない年もないかも知れない。

それくらい興味が薄れてしまった。

野村監督からブラウン監督に代わったことがきっかけになったのは事実かも知れないが、こうなると、原因はそれだけではないのだろう。

とは言え、ダメな子ほどかわいいということもあるので、ダメ虎をあきらめずに支えた阪神ファンのように、私もこんな時だから支えたいと思ってみたり。

とりあえずTVで楽天の試合を流してほしい。

その他 過去に読んだマンガたち

D.Grey-man

D.Grey-man

世界終焉への計画を進める「千年伯爵」は、AKUMA(アクマ)と呼ばれる兵器を次々と製造しています。

機械と人間の魂を材料に造り出されるアクマは、非常に強力ですが、それを唯一破壊できるのが、神の結晶(イノセンス)を持つエクソシスト。

主人公のアレン・ウォーカーもその1人です。


エクソシストたちは、千年伯爵に対抗する、対AKUMA軍事機関「黒の教団」に所属し、あちこちに派遣されては、様々なアクマと戦うという話。

最初は短い話がテンポ良く進んでいきますが、20巻になった今、正直、私はよく分からなくなってきています(^^;)

(あれ?この人誰だっけ?)(今何やってんだっけ?)という感じ。

ま、妻は問題なく楽しんでいるようですけど。

休載後(療養後)の7 - 8巻から、画風が大きく変わっているそうですが、私はもちろん気付きませんでした(笑)


個人的にはリナリーがツボです。

黒髪でツインテール、オーバーニーで絶対領域。

ま、そのツインテールも8巻くらい(たぶん)の戦闘の際に失ってしまう訳ですが、その時の絶望感ときたら。


結構売れているマンガなので、それなりにオススメなのかも知れません。

あ、アニメは観ていないので分かりません。

D.Grey-man

岳(がく)

岳12

岳12

第0歩 父帰る

梶ヶ山荘を営んでいる梶さんは、手術のために入院。

しかも、治ったとしても、これまで通り、山荘を切り盛りするのは難しいようです。


続きを読む »

金魚屋古書店

金魚屋古書店7

金魚屋古書店7

7巻で主に取り上げられたのはこんなマンガです。

『ムーミン・コミックス』トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン

『Z-ツェット-』青池保子

『鉄拳チンミ』前川たけし

『まぼろし探偵』桑田次郎


タイトルが登場した程度なら、『サイボーグ009』『じゃりン子チエ』『鉄人28号』『クロサギ』『ビリー・パック』『築地魚河岸三代目』『陽だまりの樹』『あしたのジョー』などなど。


古書店による古書店のための、古本のセリ市の話は興味深く読みました。

全く関係ないですが、せどりのあゆさんが無駄にかわいいです。

金魚屋古書店7

その他 過去に読んだマンガたち

そんな2人のMyホーム

そんな2人のMyホーム

彫刻家の父、都築輝(つづきひかる)と、父の秘書兼家事手伝いの娘、都築舞(つづきまい)の日常を描く4コマ漫画。

文武両道であり、非常に多才な舞は、基本的に和服着用の20歳。

これがまたかわいいんです(笑)


ほのぼのとしたい方はどうぞ。
オススメです。

そんな2人のMyホーム

しおんの王

しおんの王3

しおんの王3

将棋界に生まれた新たな棋戦。
プロアマ、男女混合、完全オープントーナメント。

10万円の参加費を払えば、誰でも参加可能で、優勝賞金は5000万円。


紫音と二階堂沙織は、スポンサーの1人、悟(羽仁名人の弟)の前で、実力を見せるために、急遽、対局することになりました。

その続きから。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム