FC2ブログ

COPPELION(コッペリオン)

COPPELION1

COPPELION(コッペリオン)1

ツタヤでレンタルコミックを物色していた時、突然妻が持ってきて「これ借りる」と宣言したマンガです。

読み始めの雰囲気では分かりませんが、一言で言うとSF漫画。

2036年10月1日。

人気のない、荒れ果てた東京。
そこを歩く、3人の女子高生、成瀬荊(なるせいばら)、野村タエ子(のむらたえこ)、深作葵(ふかさくあおい)。

荊は正義感が強くリーダー的存在。
関西弁を話します。
他の2人より運動能力が高いようで、常に前に立って先導。

タエ子は丁寧な話し方で、視力が優れています(2巻で明らかに)。
動物と打ち解けるのが得意。

葵はムードメーカー的な役割で、よくグチをこぼしますが一生懸命。


そんな彼女たちは、教頭と呼ばれる人物と電話をしつつ、生存者を探しながら都内を歩きます。


続きを読む »

スポンサーサイト



テガミバチ

テガミバチ1

テガミバチ1

これもジャンプなんですね。
オススメのポップが付いてたのでレンタルしてみました。

同じ場所に「フェアリーテイル」ってのもありましたが、あれは何ゆえワンピースに似ているんですか?
故意に? 偶然??

というわけで、それは何となく回避して、こちらのテガミバチを。


続きを読む »

ただの日記

ミカン

実家の分と我が家の分、合わせて20kgのミカンを買っている。

愛媛から発送してもらっているので、こちらに着くのが2日目になってしまうが、ダメになっているミカンはせいぜい3,4個。

味が濃くて、バランスが良くて、この辺りで買えるミカンとはちょっと違う。
にも関わらず安い。

昨年も買っていたが、結局シーズンが終わる頃までずっとリピートし続けていた。
時期がくれば違う柑橘類も増えてくるので一層オススメ。

ちなみに大量のミカンは、そのまま食べるだけではなく、ゼリーにしたり、ジャムにしたり、コンポートにしたり、紅茶に入れたり。

皮も、乾燥させてお風呂に。
無農薬なので安心して使用できる。

ちなみにこちら ⇒ 愛媛のミカン

とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録2

とある魔術の禁書目録2

とある科学の超電磁砲」の方が面白いからと、こちらはもう借りないと言っていた妻。
何とか理由をつけて4巻まで借りることに成功しました(笑)


当麻の担任、小萌先生の手助けもあり、インデックスが大怪我から復活したところから。


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

もっけ

もっけ

もののけからきているタイトルなのでしょうか。
まさに妖怪、霊関係の話です。

全9巻。

同じ系統でも、夏目友人帳妖怪のお医者さん喰霊などとはちょっと違います。

このもっけは、おじいさんの存在があることで、妖怪、霊の類をとても大切に扱っているというか。
いたずらに話しかけたり、祓ったり、従わせたりするようなことはしません。

姉の檜原静流(ひばらしずる)は中学生で、妖を視ることができます。
妹の瑞生(みずき)は小学生で、妖が憑きやすいタイプ。

そしてその祖父がそれ系専門の手練。


物の怪が見えたり、憑かれたりすることで、一般人より苦労の多い静流、瑞生ですが、それらを通して精神的に強くなり、それぞれが高校生、中学生と成長していく過程も面白いところ。

個人的にオススメのマンガの1つです。

もっけ

王様の仕立て屋

王様の仕立て屋23

王様の仕立て屋23

前巻の日本編が終わり、再びアメリカへ戻ってきたメンバー。
ロドリーゴのハリウッドデビューが決まったというところからスタートです。

服の仕立てで23巻。
頑張ってます(笑)


続きを読む »

アニメ全般

AIR

AIR

オススメのアニメに、AIR(エアー)を勧める人も何人かいたので拝見。

予備知識など全くない状態でしたが、どうやら元は恋愛アドベンチャーゲーム。
キャラが恥ずかしいわけだ(笑)

ま、それも何話か見ているうちに慣れましたが。


続きを読む »

駅弁ひとり旅

駅弁ひとり旅8

駅弁ひとり旅8

前巻に引き続き東北です。

何度も言いますが、ひとり旅ではありません。
ほとんどがふたり旅です。

まぁどうでもいいことなんですが。

さて8巻。
フランス出身のクリスティーナ(クリス)と一緒の旅は岩手県から。


続きを読む »

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫11

屍姫11

オーリが死を呼ぶ不吉だという話からスタート。

どうやらオーリ自身、人の社会に紛れた、死を呼び込む存在のようです。
度々見えていた黒猫も、死の予兆であり、オーリの本質。

つまり、どちらかと言うと、オーリは屍側の人間。

今後、オーリが何かで死んでしまったら、屍として生き返るって伏線でしょうか?


続きを読む »

アニメ全般

舞-乙HiME

舞-乙HiME

「まいおとめ」と読みます。
一応、舞-HiMEの続編アニメですが、特につながっているわけではありません。

物語も設定も違っていますが、舞-HiMEに出てきたキャラクターは登場します。

例えば、玖我なつき(くがなつき)は、ナツキ・クルーガーという名で学園長。
藤乃静留(ふじのしずる)は、常にナツキの傍にいて、シズル・ヴィオーラという名、などなど。


で、内容について少し。
特定の人物に付き、身の周りの世話や護衛など、様々なサポートをするのが乙HiME(オトメ)です。
簡単に言えば執事みたいなもんでしょうか。

この世界ではかなりのエリートです。


そんなオトメの教育、育成をするのが、専門学校「ガルデローベ」。

主人公のアリカ・ユメミヤは、生き別れた母親を探しにやってきて、学園に中途入学します。
そこでライバル、仲間と出会い、そのあといろいろ・・・という話。


宝塚をモデルにしているような設定を随所で感じられます。

実は私、3話で挫折してしまいました(^^;)
面白くないとは言いませんが、何となく面倒になったというか。

その後に面白くなるのかも知れませんが、また気が向いたら見ようと思います。

舞-乙HiME

妖怪のお医者さん

妖怪のお医者さん11

妖怪のお医者さん11

10巻で登場した、妖怪の医者、桐生碧郎(きりゅうみどろ)は出てきません。
てっきりこの2部は彼とのゴタゴタかと思っていたので予想が外れてしまいました。

ってか予想が当たったこともない訳ですが(笑)


さて11巻。

続きを読む »

岳(がく)

岳10

岳10

第0歩 春一番の柄

山で父を失ったナオタにとって、三歩は兄(父)、谷村さんはお母さん代わりです。

学校の授業でやった陶芸で、ナオタは三歩にコーヒーカップ、山荘の谷村さんに皿を造りました。
それぞれにメッセージを添えて。

谷村さんには「長生き」。
三歩には「安全」。

小学生のナオタはまっすぐに、でも優しく、強く育っています。

三歩からお返しに山の武器、ピッケルをもらいました。


続きを読む »

とめはねっ! 鈴里高校書道部

とめはねっ! 鈴里高校書道部5

とめはねっ! 鈴里高校書道部5

最近流行っているらしい、文系マンガ。
確かに私もけっこう読んでますし。

(ちなみに「ちはやふる」はこちら)

さて。

続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫6

ぬらりひょんの孫6


リクオの百鬼夜行vs八十八鬼夜行の大将同士が切り結んだところ。

一騎打ちに見せかけて、控えていた夜雀(よすずめ)によって視力を奪われてしまいます。

リクオはまんまと視力ゼロですが、そこに雪女、つららが登場。
リクオを守るために、夜雀と対峙。

つららも視力を奪われましたが、自分の目を凍結させることで左目だけはセーフ。

呪いの吹雪 風声鶴麗(ふうせいかくれい)で、夜雀を退けました。

つららも青田坊もカッパも首無も、皆強かった訳です。


続きを読む »

いぬばか

いぬばか19

いぬばか19

わっふる常連客のモデル、やまりんが、愛犬ラッキーとドッグショーに出場した続きから。

その大会には、あの黒尽くめの集団パイレーツが。
犬をビジネスのように扱う悪い集団です。

やまりんは彼らに負けておしくも2位。

その後、やまりんを追っかけて取材しているTVクルーに勧められ、常勝軍団パイレーツvsやまりん&わっふるという図式になりました。

目標は3ヶ月後の国内最大のドッグショー「FDIジャパンインターナショナルドッグショー」です。

続きを読む »

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱9

涼宮ハルヒの憂鬱9

レンタルしてももはや読まなくなった妻。
次回はないかも・・・と書いてましたが、結局9巻も借りてみました。

だってほら。
これで7巻から続いてきた「涼宮ハルヒの消失」が終わるわけですし。

ストーリーにはついていけていませんが、最後くらいは読みたいと思うのが人ってもんです(笑)


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

flat

flat

おすすめのポップがあったので借りてみたマンガ。

主人公は、甘いもの好きで、お菓子作りが趣味の高校生、平介。

非常にマイペースで、周りに流れる空気はとてもゆっくりですが、度を越したその自由さ、めんどくささ加減は、もはや非常識に思えるほど。

そんな彼が、ある時、叔母さんの子供、秋(アキ)を預かったことから話は始まります。


幼児のアキは、我慢強くて内気。
活発ではありませんが、とにかくしぐさ、態度がかわいい。

ふとしたきっかけで平介に懐き、頻繁に接することで、お互いが少しずつ影響を受けていくという流れです。

アキのしぐさ、平介のゆっくりとしたペースで、全体的に和めるマンガ。


作者自身が言っている通り、主人公の名前、性格、マンガの雰囲気など、全て半音下がる感じ。
それゆえに、タイトルが「flat」。


全く関係ないんですが、平介の顔が、蟲師の主人公、ギンコに似ていると思うワケです。

まだ冊数は少ないし、軽く読むにはいいかも。

 ⇒ flat

BAKUMAN。

BAKUMAN。4

BAKUMAN。4

夏休み中にネームを描くと言った高木は、結局、休みが明けてもできていませんでした。
真城に内緒で探偵モノを描いていたので、これまでと勝手が違い、トリックや推理のアイディアは浮かんでもマンガにできないようです。

そして真城から、これからは1人で描いていくという宣告を受けました。

真城は夏休み中に、新妻エイジ、福田真太と会ったことで影響を受け、気持ちが先走っているのでしょう。

それでも高木は納得し、仕事場の鍵も返し、これからは亜城木夢叶を解消。
両方が1人立ちすることに。


続きを読む »

バーテンダー

バーテンダー14

バーテンダー14

前巻そろえて置いておきたいマンガ。
ころあいを見て、古本でもいいから一気に買いたいと思います。

そして、自分が酒の飲めない体質だということを、読むたびに残念に思います・・・

さて。


続きを読む »

夏目友人帳

夏目友人帳8

夏目友人帳8

夏目の友人たちの話です。
主に学校。

心優しい藤原家の夫婦。
妖怪が視えることで、奇怪な行動を取っている夏目に、友達として本気で心配してくれる北本と西村。

そして夏目の事情を知った上で尚、支えてくれるタキ、田沼。
ニャンコ先生をはじめ、ヒノエや他の妖怪たち。

これまでずっと1人だった夏目は、この街に来て出会った人、妖たちにより、幸せを感じられるようになりました。

人は弱いけれど、それでも守って守られて、助け合って生きていく。

そんな話でした。


続きを読む »

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲2

とある科学の超電磁砲2

人前でも脱いでしまう、読み手にとってはうれしい人物なのが、大脳の専門医、木山春生。
いきなりネタばれしますが、実はこいつがレベルアッパーがらみの犯人でした。

音楽によって複数の人間の脳をつなげ、高度なネットワークを構築して演算に使うため。
使用した人間は、そのネットワークに組み込まれることで、それぞれの脳の共有ができ、能力がアップするという仕組みでした。


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

Pandora Hearts

Pandora Hearts

人気があるらしいパンドラハーツ。
お試しのつもりで1巻だけ借りてみたマンガです。
アニメもあるようですが。

主人公は、公爵家ベザリウス家の次期当主、オズ=ベザリウス。
15歳の成人の儀に、事件が起こります。

突然、闇の監獄『アヴィス』へと堕とされ、そこで「血染めの黒ウサギ(ビーラビット)」と呼ばれるアリスと出会います。
脱出するために彼女と契約を結んで・・・

という展開。


人物、用語などが乱立するのは1巻だから仕方ないにしても、何だか心が動かされませんでした。
画は嫌いじゃないのに。
黒執事と似た感じがするからでしょうか。

今後、おもしろくなるのかもしれませんが、私は1巻で挫折しました(ーー;)

 ⇒ Pandora Hearts

交響詩篇 エウレカセブン

交響詩篇 エウレカセブン6

交響詩篇 エウレカセブン6

アニメだと結構長いのに、マンガだとたった6巻。
最終巻です。


ホランドの働きで、自壊プログラムのデータを手に入れたものの、コーラリアンに退けられてしまったレントンとドミニク。
大怪我はしましたが、まだあきらめません。

そのプログラムを修正した抗体を装填させた銃を持ち、ニルヴァーシュ、ジ・エンドで再びコーラリアンに向かいました。


続きを読む »

アニメ全般

舞-HiME

舞 - HiME

タイトルからして恥ずかしいアニメかと思ってましたが(^^;)

まぁ恋愛のあれこれはあるにしろ、思ったのとはちょっと違ってました。
ヒメと呼ばれる選ばれし乙女たちが、それぞれに与えられた能力で立ち向かう話。

鴇羽舞衣(ときはまい)を主人公とし、玖我なつき(くがなつき)、美袋命(みなぎみこと)など、計12人のヒメが登場し、オーファンという謎の生物から学園、街を守るという話です。


それが一段落した中盤以降、今度はヒメ同士が戦うことになってしまいますが、その辺りから、さらに事情が変わってきます。

ヒメのチャイルド(各自が従えているメカっぽい味方)が死ぬと、自分の大切な人が死んでしまう。
その設定があるために、それぞれのヒメの愛憎が入り乱れます。

自分の大切な人を守るために、他のヒメを裏切ったり、憎んだり、戦ったり。
結果、相手の大切な人を奪ってしまい、それがまた憎しみを生む。

戦闘のわくわく感が薄れてきて、昼ドラのような愛憎劇が増えてきます。


とは言え、ネタバレしてしまいますが、最後は全員生き返り、学園も人間関係も元通り。
そしてハッピーエンド。

まぁまぁ楽しく見れました。


ちなみに鴇羽舞衣役の中原麻衣さんは、PERSONA -trinity soul-で守本叶鳴もやってました。
控えめで引っ込み思案だった叶鳴が、舞衣のように元気になっているのが不思議(^^;)

アリッサ・シアーズ役の宮村優子さんは、言わずと知れた、エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレー。

まぁいろいろなキャラが登場するので、自分の好きなヒメを探すのもいいかも知れません。

私はなつきかな。
「デュラン! ロード シルバーカートリッジ! ぅてぇーーっ!!」とか、カッコよかったし。

 ⇒ 舞-HiME

孤高の人

孤高の人7

孤高の人7

もちろん前巻の続き。

K2へ向けてのシュミレーション。
夏でも1週間以上はかかるというハードな北アルプスの全山縦走ルートにも関わらず、今は厳冬期です。
未踏ルートも数多く存在する、雪、氷、岩の山々。

白馬岳の頂上で、ヘリでやってきた二宮隊長を迎えた面々。
一緒に乗ってやってきた遠縁の蒼(あおい)という女性に目を奪われます。

蒼は躊躇なく森に話しかけ、絵でも写真でも文章でも、森の書いたものを読んでみたいとか言います。

二宮隊長も、なぜか森をトップに指名し、挙句の果てに、K2のサミッターとして一番有望だとまで言いました。


続きを読む »

とある魔術の禁書目録

とある魔術の禁書目録1

とある魔術の禁書目録(インデックス)1

アニメでは見てましたが、マンガもオススメ的なところにあったので借りてみました。

マンガの方が多少展開が早いですが、1巻を読む限りは同じように話が進んでいるようです。


続きを読む »

夏目友人帳

夏目友人帳7

夏目友人帳7

的場静司(まとばせいじ)登場です。

強力な祓い屋で、妖を使役し、コマのように扱う、長髪で眼帯、番傘を持った男。
以前(3巻で)登場した、七瀬というおばあさんは、彼の秘書(のようなもの)です。


夏祭り会場にやってきた夏目とニャンコ先生。

少し離れたお堂に、たくさんの妖怪が倒れているのを発見します。
そこに立つ人影が1つ。

それが的場でした。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム