FC2ブログ

咲-Saki-

咲‐Saki‐2

咲‐Saki‐2

早くも全国大会です。

ここまでペースがものすごく速いような気がしますが、大丈夫でしょうか(笑)

今現在、アニメもやっている訳で、噂じゃ、アニメがマンガの方に追いついてしまったとか。

続きを読む »

スポンサーサイト



交響詩篇 エウレカセブン

交響詩篇 エウレカセブン1

交響詩篇 エウレカセブン1

アニメは見てましたが、画がキレイという妻の見立てでマンガも借りることになりました。


トラパーと呼ばれる、空気中にある透明な波のようなもの。
それにサーフボードのような板(リフレクションボード)で乗るのがリフティングです。

主人公のレントン・サーストンは14歳。
リフティングが大好きで、普段の生活をつまらないと感じている普通の少年。

この少年が、政府からゲリラ扱いされてマークされているゲッコーステイトに入り、不思議な少女エウレカと共に、意思のある人型機動マシン、ニルヴァーシュで世界を救うのがこのエウレカセブンです。

続きを読む »

孤高の人

孤高の人2

孤高の人2

無気力で、心を閉ざしている、森文太郎(もりぶんたろう)が主人公のクライミングマンガです。

さて2巻。

素人ながらもインドアクライミングの大会にエントリーした森。
しかもかなりいいところまで登ったところで、テンションが上がり、安全ロープを外してしまいます。

それで失格。

逆に、クラスメイトで、森の才能を見抜き、ライバル視する宮本一(はじめ)が優勝。


続きを読む »

ARIA

ARIA 11

ARIA 11

最後に向けて盛り上がってきたました。

レンタルしようと思っても、扱っているお店が少なくて困りました。
AQUAから、ARIAの9巻まではけっこうありましたが、10、11、12巻がないという現状。

そもそも在庫が少ないのか、中古として手放されること自体が稀だからなのか。

とにかくARIAを借りて読もうとするなら、最初に12巻まであるかどうかを確かめてからの方がいいですよ。
10巻以降が大事なんだから(笑)

続きを読む »

夏目友人帳

夏目友人帳2

夏目友人帳2

夏目は、行き倒れてるカッパに水をかけてやったのを、学級委員でもある笹田に見られてしまいました。

笹田はどうしても会いたい妖怪がいるということで夜中の肝試しを決行。
妖怪が見えると踏んで、なかば強引に夏目を参加させました。

会場の旧校舎は、招福の神様を地下牢に閉じ込めた商家の跡地。
その神様だったものが恨みから妖怪になったとか。
名を「時雨」。

続きを読む »

おいしい銀座 バイヤー真理

おいしい銀座 バイヤー真理1

おいしい銀座 バイヤー真理1

おいしい銀座の続編スタートです。
正直言うと、私は少々、飽き気味のマンガなんですが、何だか妻は気にっているようで、出てると借りる感じになってます。

まぁ前作で、真理をめぐった男の争い(榎木田、ほほえみ王子こと西原)がひとまず決着したので、恋愛についての描写が減っているのがまだ救いかも。

恋愛重視のマンガはちょっと苦手なので。


まるっきり、おいしい銀座の続きなので、バイヤー真理から読んでも分からないと思います。
こういうのって、普通はここから読んでも多少は分かるように描きそうなもんですが(^^;)


続きを読む »

アニメ全般

なるたる

なるたる

「骸(むくろ)なる星 珠(たま)たる子」から「なるたる」です。

画や色、音楽、雰囲気からのんびりした、ほのぼの系かと思ってました。

見ているうちに、ちょっと様子がおかしいぞと。

突然倒れたり、襲われたり、リストカットしている女の子が出てきたり。
ナイフ、銃、毒ガス、自衛隊、友達、学校、親、受験、いじめ、性・・・

・・・可能な限り詰め込んだ?


唐突に殺伐とした雰囲気が出てきたり、それぞれの話が中途半端で、着地点も分からないままに終了。

たった13話にそれらを全てつめこみ、話をまとめることが難しかったのだと思いますが、社会の問題点をいろいろと挙げて、さぁ、君はどう考える?みたいに、丸投げされた感じ。

正直、私は楽しみを見出せませんでした。
マンガだとまた違うんでしょうか。

どうやら、主人公が世界の命運を担う、いわゆるセカイ系らしいんですが、だったらエヴァンゲリオンの方がいいかな。

なるたる

咲-Saki-

咲-Saki-1

咲-Saki-1

人気があるようだったので借りただけです(笑)

私自身、麻雀は役を多少知っているくらいで、点数計算等は全くできません。
妻にいたっては(コレって役になりそうだなぁ)くらいしか理解してません。

そんな程度だから、盛り上がっている感じは伝わってくるのですが、微妙な点数のかけひきのようなものが分かりません(^^;)


続きを読む »

ちはやふる

ちはやふる5

ちはやふる5

全国大会の続きから。

プレッシャーからか、前巻で千早は倒れました。

結局、千早が棄権したことで二回戦は敗退。
その後は、何とか決勝トーナメントに進み、1つは勝ちましたが、その後敗退。


続きを読む »

ただの日記

便秘のつらさ

突然だが、初めて便秘になった。

出口付近に、大きな塊があるのは明らかなのに、最後の門をくぐれない。

どうせ出ないんなら構わないじゃないかと、自分でも思ったが、何せ便意は常にある。
しかも、塊は出てこないが、水っぽいものは門の隙間から出てくるという始末。

ああそうか。
これが世の女性たちが苦しむ、便秘のつらさなのかと初体験を喜んだのは最初の5秒ほどで、それから10時間、便意との戦いだった。

続きを読む »

ARIA

ARIA 10

ARIA 10

裏誕生日の話から。

アクアは1年が24ヶ月。
つまり地球の2倍です。

その暦通りでは、地球の半分しか歳を取らないということになってしまうので、作り出されたのが誕生日。

今回のアリシアさんの場合、10月30日が誕生日なので、裏誕生日は22月30日。


続きを読む »

夏目友人帳

夏目友人帳1

夏目友人帳1

最初にアニメを観てしまいましたが、面白かったので、とうとうマンガにも進出してしまいました。


おおまかな設定は同じですが、一応。

妖怪が視えてしまう夏目貴志(なつめたかし)は、強い妖力を持っていたレイコの孫。

祖母レイコの遺品、友人帳という紙の束は、生前、彼女が妖怪を負かし、名を奪った契約書でした。

名を奪われた妖怪は、持ち主の命令に逆らうことができない。
つまり、友人帳があれば、様々な妖怪を統べることができるために、貴志は、名を取り戻そうとする妖怪や、友人帳を奪おうとする妖怪たちに狙われます。

偶然出会った強力な妖怪、斑(まだら)が用心棒になったことから話がスタート。

続きを読む »

×××HOLiC ~ホリック~

×××HOLiC~ホリック~15

×××HOLiC~ホリック~15

前巻の最後に出てきた、結婚を前に料理を習いたいというお客。
自分で作った料理を自分で食べるのは気持ち悪いと言っていた女性です。

四月一日は誠意を込めて、一生懸命説得。

そして彼女は自分自身が嫌いだったことを認め、改めて四月一日に料理を習うことになりました。

って、これはどうでもいいんです(おい)。


続きを読む »

アニメ全般

夏目友人帳

夏目友人帳

タイトルからは想像できませんが、妖怪系のアニメです。
とは言え、気持ち悪い描写は特になく、じんわり心が温かくなる感じ。

マンガはまだ読んでいませんが、おすすめのアニメです。


強い妖力を持っていた夏目レイコの孫で、妖怪が見える少年、夏目貴志(なつめたかし)が主人公。

レイコの遺品にあった友人帳。
人間には読めない字で書かれたその紙の束は、生前、レイコが妖怪たちを負かし、名を奪った契約書です。

名を奪われた妖怪は、持ち主の命令に逆らうことができない上に、傷つけられれば本人も怪我、燃やされれば本人も消滅するというものであることから、夏目は様々な妖怪に襲われることになります。

ふとしたきっかけで知り合った、強力な妖怪、斑(まだら)を用心棒として、物語が始まると。


軽く結界師のような設定ですが、中身はだいぶ違います。

1話1話、見た後にジーンと来るというか、じわっとくるというか、和めるというか。

妖怪が登場すると言っても、前述したようにグロテスクな描写がある訳でもありませんし、剣も魔法もありません。
何より、主人公の夏目は、妖力は強くても、それを武器に戦う訳ではない。

人間も妖怪も好き。

自分ができるなら、両方守ってやりたいと思う心優しい少年。

おすすめです。

 ⇒ 夏目友人帳

GIANT KILLING

GIANT KILLING1

GIANT KILLING1

私はともかく、妻はサッカーのことは全く分からないので、ためらっていましたが、立ち読みした結果、読みたいということだったので借りてみました。

結局、1,2巻を読んだ結果、結構おもしろいと。

これから少しずつ、サッカーのルールを教えることになりそうです(^^;)


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

猫と薔薇の日々

猫と薔薇の日々

新しいマンガを発掘しようと、TSUTAYAで立ち読みをしていた時に、妻が目ざとく見つけたマンガ。
妻は、猫がらみならそれだけでレンタル条件を満たしてしまうので、内容云々はあまり関係ない様子。

まぁ私も猫好きなので構いませんが(^^;)


とは言え、正直、猫たちのかわいさ、不憫さが先に立ち、多少無理でも次々と飼ってしまう作者がちょっと理解できません。

責任を持って、愛情をかけて飼っているんだからいいじゃないかと言われれば、「そうですよね。すみません」って感じですが、どうも欲求丸出しで、欲しいものを買い集めているように見えてしまうというか・・・

捨て猫を育てるとか、里親になるということなら納得できますが、かわいいからと値切ってまでペットショップで買う行為が、どうも家族を大切にしているように思えませんでした。

あ、もちろん個人的な意見です。

毎年30万匹(50万匹とも)もの犬や猫が殺処分されているという現状があるので、私がペットを飼うことができる家に住んだ暁には、購入するようなことはせず、ペットショップや動物病院、知り合いを探すつもりです。

猫と薔薇の日々

ただの日記

目の疲れ

マンガを読んだり、アニメを観たり。
テレビを見たり、パソコンしたり。

近頃の世は目が疲れることだらけ(ウチだけかもしれないが)。

運動も嫌いではないが、正直、どこかへ行くというのが面倒なので、自然とインドアな生活になってしまっている。

というわけで目が疲れる。
それは首や肩、腰のコリにもつながり、さらに頭痛を引き起こす。

そんな私が欠かせないのはタオルだ。

タオルを水で濡らし、少しだけ水分を残した状態で絞る。
そのまま電子レンジに入れて、30~50秒。
広げた時に、アチチっとなるくらいがちょうどいい。

それを目にのせて蒸す。

それだけでも十分目の疲れにはいいが、時間があれば、今度は水で冷やしたタオルを続けて目に乗せると、これまたグッド。

目がお疲れのあなた。
お試しあれ。

ARIA

ARIA 9

ARIA 9

最初は灯里がアリアカンパニーの彩色パリーナを作る話。

この部分、アニメでは何も無い状態から灯里が作りますが、マンガだと朽ちてしまったパリーナを新しくするってことになってます。

しかも、アニメではアリアカンパニーの真ん前、アリシアさんがゴンドラを泊める部分のパリーナですが、ここでは灯里が泊めている方、会社の裏手のパリーナです。

アリア社長がここで書いた絵は、アリアカンパニー内に掛けられ、時々映ってます。


続きを読む »

アニメ全般

ひだまりスケッチ

ひだまりスケッチ

和めるという噂を聞き拝見。

ひだまり荘というアパートに住む、美術科の4人の日常です。

主人公のゆの。
そして友達の宮子(みやこ)に、先輩のヒロと沙英(さえ)。

確かにのんびりした感じで、眠くなります。


特徴として挙げられるのが、各話の話が時間軸に沿ったものではなく、順番がめちゃくちゃだという点。

観ているうちに、あの時のメールの相手はこの人だとか、203号室には何があったとかが分かってくるというのも面白い。
ま、もしこれが嫌なら、Wikipediaに正しい順番が書いてあるので、その通りに観るということもできるかと。


正直、最初の2,3話を見て(うーーーん・・・)と思っていたけれど、少しずつ慣れた(?)のか、だんだん面白みが分かってきたという感じ。


個人的には、ヒロと宮子、大家さんが好きでした。

ちなみにヒロの声は後藤邑子さんで、涼宮ハルヒの憂鬱の朝比奈みくる役。

大家さんの声は沢城みゆきさんで、ローゼンメイデンの真紅、PERSONA -trinity soul-の神郷洵、神郷結祈、夜桜四重奏-ヨザクラカルテット-の五十音ことは役です。

あ、沙英の妹として登場した智花(ちか)の声は、ツンデレ女王(?)の釘宮理恵さんですよ(笑)

ひだまりスケッチ

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- 27

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- 27

飛王・リードが殺されたように見えましたが、それも偽者。
本物はまだまだ元気。

とうとう止まっていた時間が動き出します。

様々な次元を旅してきたサクラの身体。
その地下にずっとあり、力を蓄えていたサクラの羽。

なぜ玖楼国の地下にサクラの羽があったのかというと、この地は昔の東京。
地下にたくさんの水を蓄えていて、サクラが旅した時に、みんなのために羽を置いていった場所です。

過去に行ったことが、現在に影響を及ぼし、当時はなかった羽がまさにこの場所に顕れていたと。


続きを読む »

アニメ全般

狼と香辛料

狼と香辛料

タイトルからしてセンスの良さを感じます。

主人公は旅の行商人クラフト・ロレンス。
取引のために訪れた村で、狼の耳と尻尾を持つ少女、賢狼ホロに出会います。

ホロはその村で神と呼ばれていた存在。
長い間、麦の豊作に尽力してきましたが、農業技術の発達で自分の力が及ばないことを知り、故郷へ帰りたいと、ロレンスの馬車に乗り込みました。

そして2人は中世ヨーロッパのような世界を舞台に、行商をしつつ、ホロの遥か北の故郷へ旅をするというストーリー。


テンポの良い、軽妙な2人の掛け合い、そして何より「剣も魔法もない」ファンタジーが特徴。
さらにホロがかわいい(*・・*)

ものすごく年上なのに、この容姿。
加えて、わっち、~かや、ありんすというような、いわゆる廓詞(くるわことば)使い。
(廓詞は、江戸時代、遊郭で遊女が使用した言葉らしい)。

さらに尻尾と猫耳(狼だけど)。

どことなくブリーチの夜一さんを思い出します(^^;)


あ、そうそう。
ホロ役は小清水亜美さん。
コードギアスの紅月カレン役でした。

加えて、クラフト・ロレンス役が、同じくコードギアスでルルーシュ役だった福山潤さん。
ロレンスが策を練ったり、苦悩するあたりなんか、もはやルルーシュです(笑)

この2人が話していると、コードギアスを思い出します。

Ⅱも期待です。

 ⇒ 狼と香辛料

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム