FC2ブログ

築地魚河岸三代目

築地魚河岸三代目27

築地魚河岸三代目27

最初はヒラマサ。
ヒラマサというのは、ブリ御三家(ブリ、ヒラマサ、カンパチ)の1つ。

磯の弾丸、海のスプリンターとも呼ばれるため、鈴木さんは、孫の水泳大会のために、ゲンを担いで釣ろうとします。
ところが、孫の勇太は息継ぎができず、とても大会に出られるレベルではありません。

ケガをしつつも頑張ってヒラマサを釣る姿を見て、勇太は大会本番中で息継ぎができるようになり、優勝したのでした。

優勝はやりすぎですよね(^^;)


続きを読む »

スポンサーサイト



アニメ全般

とらドラ!

とらドラ!

この世界の誰1人、見たことがないものがある。

それは優しくて、とても甘い。

たぶん、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。

だからこそ、誰もそれを見たことがない。

そう簡単には手に入れられないように、世界はそれを隠したのだ。

だけど、いつかは誰かが見つける。

手に入れるべき、たった1人が、ちゃんとそれを見つけられる。

そういうふうにできている。


こんなセリフと、つがいのスズメが飛び立つシーンから始まる(そして終わる)とらドラは、目つきの悪さで不良に見られてしまう高須竜児(たかすりゅうじ)が主人公。

続きを読む »

ただの日記

たまごボーロ

お菓子を作るのが、私のもう1つの趣味になっている。

最近は、ブドウ、桃のジャムを作り、楽しんでいたが、昨日はタマゴボーロを作ってみた。

買ったとしても安いので、わざわざ時間をかけて作るメリットもないかも知れないが、自分で作れる喜びのようなものを感じられるのが良いのだ。

卵と砂糖と片栗粉。
あとは丸めて10分ほど焼くだけ。

市販品のような味だったし、あの喉に詰まる感じもしっかり出せた(笑)

自分の子供には、ぜひ手作りの良さを伝えたい。

ARIA

ARIA 8

ARIA 8

最初は灯里が慣れ親しんだ舟との別れの話。

長年使っていた黒いゴンドラは、お客を乗せるには傷みすぎてしまったので買い換えることに。
物悲しい灯里は、アリシアさんの勧めもあって、ゴンドラとの思い出ツアーに。

でもコレってアリシアさんにとっても思い出のゴンドラなんですよね(/ー ̄;)

この辺り、漫画だとあっさり終わってますが、アニメだとガッツリ1話(2話?)分あるので、泣ける話ですよ。


続きを読む »

黒執事

黒執事7

黒執事7

前巻の続きです。

移動サーカス団体「ノアの方舟」が立ち寄った町では、何人もの子供たちが姿を消すとか。
女王陛下に、その事件を解決するように依頼されたシエルは、執事のセバスチャンと共にサーカス団に入団します。

そして何か証拠を見つけようと、一軍メンバーの個人テントを物色していた時に、姫と呼ばれているメンバーに見つかってしまったところから。


続きを読む »

孤高の人

孤高の人1

孤高の人1

ロック・クライミングのマンガです。
山関係のマンガ「」が面白かったので、ついつい手にとってしまいました。


無気力で、心を閉ざしている、森文太郎(もりぶんたろう)が主人公。

転校してきた先のクラスメイト、宮本が、才能のあるクライマーだったことで、物語は始まります。


続きを読む »

BAKUMAN。

BAKUMAN。3

BAKUMAN。3

「この世は金と知恵」というマンガでアンケート上位に食い込んだ真城と高木コンビ。
ところが、それは邪道であり、やはりジャンプの王道、バトルマンガで正々堂々と立ち向かおうと決意しました。

3巻はその続きから。


ジャンプの編集者、服部に、バトルマンガのネーム(下書き)を持ち込んだものの、口論に。

服部がいくら説得しても、バトルマンガを天才的なスピードで描きあげる新妻エイジを見せても、とにかく王道で勝負したいという真城と高木の気持ちは変わりません。


続きを読む »

いぬばか

いぬばか18

いぬばか18

ユキヤーンというペット用品を扱う企業に、わっふる2号店、特にすぐりとるぱんが協力していましたが、いよいよ犬のゲームセンターが完成しそうです。

以前、開発担当の犬山という人が怪しい的なことを書きましたが、どうやら犬好きのいい人のようでしたね(^^;)
いかんいかん。
もっと人間を信用しなければ(笑)

開発協力した分のお金は、わっふるの屋上の緑化で全て消えたようです。


続きを読む »

グ・ラ・メ! 大宰相の料理人

グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~9

グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~9

前巻の続きから。

フランス大統領夫人であり、元トップモデルであり、ミュージシャンでもあるアンヌ・ドーニ。
息子のダニエルは、大統領と前妻の間の子供なので、アンヌとは血のつながりはありません。

その物悲しさから、ダニエルは脱走。

くるみの、ママを思い出させるスープと三銃士の話でダニエルはアンヌの優しさを知ったのでした。


続きを読む »

アニメ全般

ARIA

ARIA

マンガをレンタルして読んでいる途中で、アニメの存在に気付き、先に全話見てしまいました(^^;)

 ⇒マンガ版はこちら

ARIAは画がきれいなので、アニメもしっかり楽しめました。
というより、マンガにはないオリジナルなストーリーもあるし、音楽、画がある分、アニメが良いという人も多いかも知れません。

しかも3期まであるので、けっこう長く楽しめます。
(1期:『ARIA The ANIMATION』、2期:『ARIA The NATURAL』、3期:『ARIA The ORIGINATION』)

声にも違和感なかったですし。

やっぱりいいですね。ARIA。
特にアリス、藍華、灯里がプリマに昇格する辺りは泣けました。


イタリアのヴェネツィアが舞台なので、出てくる言葉、イベントもほとんどその地方のもの。
思わず旅行したくなります。

妻にいたっては、アリア社長、まぁ社長にどっぷりです(^^;)
私たちオススメのマンガであり、アニメです。

 ⇒ARIA

ARIA

ARIA 7

ARIA 7

バーベキュー中に、願をかけて伸ばしていた自慢の黒髪を焦がしてしまった藍華。
平静を装いますが、当然大ショック。

アリシアのようなウンディーネになりたいと伸ばしていた髪でしたが、直属の先輩、晃の一言で気付かされ、藍華はセミロングどころか、ショートヘアになって再デビュー。

なかなか似合ってます。

焦げてもじゃもじゃになった髪でじゃれるヒメ社長。
なぜかポン・デ・ライオンになっているアリア社長がかわいいです。

続きを読む »

アニメ全般

マクロスF

マクロスF

私が子供の頃にやっていたマクロス。
正直、全く覚えていませんが、さかのぼればそのシリーズなんですよね。
立派なもんです。

そして全25話、中々面白かったです。

主人公、早乙女アルトが、歌姫シェリル・ノーム、ランカ・リー等と絡みながら、巨大異星生命体バジュラと戦います。

どことなくエウレカセブンとも被るような部分もありながら、独特のスピード感と音楽の融合。
これもオススメできるアニメです。

 ⇒ マクロスF

アニメ全般

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ

CLAMP作品です。
マンガの方だと、ツバサHOLiCは読んでいるので、安心してみれるかなぁと思いまして。
結論から言うと、コードギアスも面白かったです。

まぁ私自身、そんなにハードルは高くないので、マンガを読んでもアニメを観ても、厳しい評価は浮かびません(^^;)
よほどではない限り、それなりに楽しめる訳ですが。


続きを読む »

喰霊

喰霊 4

喰霊 4

前巻から登場の忌野静流は、呪禁道次期当主です。

日本独自の呪術でありながら、今は闇でこっそり生き、今では武器密売の巨大組織。

そのボスの娘が静流。


続きを読む »

ARIA

ARIA 6

ARIA 6

灯里、藍華、アリスの3人は、会社の枠を超えて毎日合同練習をするほどの仲。

ところが、それぞれの先輩、アリシア、晃、アテナの3人も、実は半人前の時からずっと一緒の仲でした。
それぞれが一人前のプリマになり、なかなか会えなくなった今ですが、かわいい後輩がいる今もまんざらではない。
「昔の方が良かった」のではなく「昔も良かった」。

灯里もアリスも、今の素敵を大切に過ごす大切さを知りました。

アニメでのこの場面で、なぜか泣けたんですよね。
アニメだと映像と音楽があるからなぁ。

アテナもかわいいし、もう1回観るか。


続きを読む »

ただの日記

ノートン インターネットセキュリティ

インターネットをする際に気になるのは、やはりウィルス。
私は特に理由もなく、ノートンを使っている。

昨年あたりに気付いたのだが、今時は1つのソフトで3台までインストールして良いとか。

不安になったので、電話で聞いてみたが、インストールするパソコンは、必ずしも同じ場所になくても良いそうで、家PC、店PC、ノートPCとバラバラでもOK。

何と使いやすくなったものか。

とは言え、噂では無料のでスゴイのがあるとか。

来年に向けて調べてみるか(←たぶんやらない)

アニメ全般

ゼロの使い魔

ゼロの使い魔

ツンデレキャラを愛せるか。
ポイントはそこだと思います。

『ゼロの使い魔』『ゼロの使い魔~双月の騎士~』『ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~』と3部に分かれてますが、通してヒロインのルイズのツンデレと、それによって振り回される、その使い魔、平賀才人(ひらがさいと)が事件にからむ感じ。

ツンデレを面倒くさいと思ってしまうと、最後まで見れないかも。

続きを読む »

ARIA

ARIA 5

ARIA 5

郵便の話から5巻スタート。

灯里の知り合いの郵便屋さんのサポートで、1日灯里が練習を兼ねて郵便集配の仕事をします。

電子メールではない、手書きの手紙。

内容ではなく、気持ちがこもる手紙はやはり大切ですよね。

私も年賀状から手書きにしよう(ウソ)。


続きを読む »

王様の仕立て屋

王様の仕立て屋22

王様の仕立て屋22

再び日本編です。
しかも今回はずいぶん頑張ってます(笑)

取材をしっかりしたからでしょうか。
それとも我が国だからでしょうか。

真剣に読むとスゴイ疲れます(^^;)

とは言え、我々も日本のことを知らなさ過ぎるので、いい勉強だと思って読むといいかもしれません。


続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫5

ぬらりひょんの孫5

四国妖怪の続きです。

四国八十八鬼夜行を束ねるのは、妖怪、隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶだぬき)、玉章(たまずき)。
その父は、八百八狸(はっぴゃくやだぬき)の長です。

リクオの祖父ぬらりひょんと、この八百八狸の長は知り合いにも関わらず、玉章は妖怪全体を束ねようと画策していて、百鬼夜行に攻め込んでくるという関係。


続きを読む »

喰霊

喰霊 3

喰霊 3

前巻からひっぱってきていた、不滅なる者の正体は天狗。
森羅万象を司る大地の精霊です。

やけにでかくてクレイジー。


黄泉と対峙した早々に殺されてしまった剣輔。

ところが黄泉の持つ殺生石に選ばれ、体内にそれを宿したまま復活します。
殺生石は無限の霊力を手に入れますが、肉体、魂は蝕まれ、そのうち悪霊になってしまうもの。

しかも剣輔は、その霊力を欲する天狗に食べられてしまいます(^^;)


続きを読む »

ARIA

ARIA 4

ARIA 4

ネバーランドの話から4巻スタート。

灯里、藍華、アリスがもらったネバーランドへのチケット。
ある島のある浜辺が集合場所で、それはアリア社長、アリシアさん、晃さんからのプレゼントでした。

地球出身の灯里は、海すらも初体験。

全員がネオ・アドリア海を満喫しました。


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

みなみけ

みなみけ

こういう不思議な子が活躍(?)するマンガって流行ってますよね。
よつばとやあずまんが、苺ましまろ等々。

ちなみに南家は長女春香(はるか)、次女夏奈(かな)、三女千秋(ちあき)の三姉妹。
分かりやすく、それぞれ高校生、中学生、小学生です。

おバカキャラなのは次女夏奈。

かわいいですけどね。
客観的に見てる分には(笑)

難点を1つ挙げれば、3姉妹の友達(同級生)たちの顔が似ていて覚えられません(ーー;)

しかも女装、男装するやつまで現れるので、数回読み返さないと混乱するかも(^^;)

みなみけ

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム