FC2ブログ

BLEACH (ブリーチ)

BLEACH39

BLEACH39

砕蜂はあっという間に敵を撃破。

さすが。
巨乳が幅を効かすブリーチで、貧乳ながらも頑張るソイフォンが大好きです(o^-')b

そして砕蜂と大前田の前に、エスパーダNO.2のじいさんが。
ずっとイスに座っているじいさんです。

場面は変わって乱菊姐さん。
ハリベルの部下、アパッチ、ミラローズ、スンスンと闘ってましたが、荷が重そうです。

続きを読む »

スポンサーサイト



ARIA

ARIA 3

ARIA 3

この3巻にはアリスと晃さんが登場します。
どんどん魅力のあるキャラクターが出てきてうれしいことです。

個人的に好きなアテナは5巻で初登場ですから、まだまだ(ノ_・、)


さて。
灯里、2度目の春。
アリス登場です。

続きを読む »

アニメ全般

新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

今さら感があるエヴァ(笑)

テレビシリーズ全26話を観終えた感想は、正直(・・・は?)でした。

24話くらいまでずいぶん盛り上がってきたのに、最後の方(特に終わりの2話)は、それまでの話がまとまる訳でもなく、少年少女(人間全体を含め)の精神、内面的な話に留まっていて、人としての社会的関わりや、存在意義を問うような話で終わっていました。

アダム、リリスを含めた使徒とは。
エヴァ初号機の重要性は。
ゼーレと碇ゲンドウの目指す人類補完計画は。

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である

映画にもなっているらしいこのマンガ。
棚の隅のほうにあったのをたまたま見つけてレンタル。
妻は無類の猫好きなので、猫が登場するならオールOK。

画はすっきり目で、読みやすいですが、字が多いので、1冊読むと意外と時間がかかります。

それでも登場する家猫(外猫も)は魅力的で、気になって読み進めてしまう感じ。
個人的には「グーグー」と「たま」「冬太郎」が好きです(*^-^)

作者が猫に注ぐ愛情が深く、ちょっとやりすぎじゃ・・・と思うこともありますが、初めて猫を飼う(面倒を見る)前にはぜひ読んでおきたいマンガ。
大変さが分かると思います。

グーグーだって猫である

喰霊

喰霊 2

喰霊 2

昔、京の都を襲った九尾の狐。
その魂は殺生石となり、砕け、各地に飛び散ったとか。

その石は瘴気を蓄え、人間を生霊に変え、妖怪には力となる。

・・・って犬夜叉みたいな・・・

続きを読む »

ARIA

ARIA 2

ARIA 2

灯里にとって初めてのネオ・ヴェネツィアの冬。

灯里は初めて使う暖炉、煙突からでる煙、そして本格的な冬、雪を運んでくる雪虫に、心から感動します。

文章にしてしまえばそれだけの話ですが、ARIAの良さは、その描写、風景と人物が溶け込んでいる点。
何やら音楽まで聞こえてきそうです。


続きを読む »

アニメ全般

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

通常のハルヒとは違い、ギャグ漫画(アニメ)。

アニメしか観てませんが、全25話、それぞれが3~10分なので、あっという間に完。

私個人としては朝倉さんが、あちゃくらさんとして長門に飼われているのがツボでした。

ま、ハルヒを全く観ていない人には理解できないアニメかもしれません(^^;)

 ⇒ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱

薬師寺涼子の怪奇事件簿

薬師寺涼子の怪奇事件簿9黒蜘蛛島(後編)

薬師寺涼子の怪奇事件簿9黒蜘蛛島(後編)

巨大クモとの戦いからスタート。

このクモ。
巨大なだけではありません。

糸の太さを変えたり、ライフル撃ったり、ヘリにつかまって逃げたり、知性があります。
その正体は、グレゴリー・キャノン二世の秘書、ドミニク・H・ユキノ。

人を器として利用し、永らく生き続けていました。


続きを読む »

ただの日記

ゲームを無料でコピー?

私自身、ゲームは卒業してしまい、ほとんどやらない。

最近、妻が桃鉄、ボンバーマンにはまって、その付き合いでやることはあっても、積極的にやろうという気持ちはなくなった。

だから正直、仕組みもよく分からないが、近頃、ゲームを無料でコピー(ダウンロード?)して、遊べるようだ。
しかも、その犯罪行為を、ブログやプロフに自慢げに書いてしまっている子供までいるとか。


これだけ普及してしまったゲームやパソコンを、今さら子供から取り上げることはできない。
ましてゲームもパソコンも消え去る時代は絶対にこない。

例え、家庭の中だけで規制しても、子供のネットワークは侮れないから、学校、友達の中に身を置く以上は、この情報過多の時代を避けることはできない。

規制するのではなく、幼少期の躾、そして、その後の教育が必要だ。

見た、聞いた、知ったものをどのように処理するか。
自分の理性、道徳と照らし合わせ、どのように考えて行動するか。

多少、教育に携わっている身としての独り言だ。

その他 過去に読んだマンガたち

クロス・ゲーム

クロス・ゲーム

あだち充のマンガです。
タッチをはじめ、H2も読んでいたので、もちろんこれも(笑)

同じ顔で、設定も同じ野球。

それでも楽しく読めるのはなぜでしょう?
これもなかなか面白いマンガです。

しかも、誰か死ぬってのもタッチやH2との共通点。

クロスゲームでは、幼馴染の若葉が、小学生の時に水の事故で。
しかも1巻から。

独特の間とテンポで進む野球マンガ。

まだ継続中ですが、私は気に入って読んでます。

クロス・ゲーム

アニメ全般

夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)

夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)

マンガの方は好きだったので、ついでにアニメも観てみました。

たった12話なので仕方ないのかも知れませんが、消化不良と言うか、盛り上がりに欠けるというか。

妖怪と人間が共存する町が舞台。

そこで過去に妖界に送られてしまった円神(えんじん)が、恨みから悪さをするという話。

続きを読む »

喰霊

喰霊 1

喰霊 1

人気があるようで、とりあえず借りてみました。

ってか、やっぱりコレも妖怪系。

最近多くないッスか?
霊とか妖怪とかのオカルト系マンガ。

まぁそれほど大した描写があるわけじゃないんですけど、それでも夜中に1人で読むと、気が滅入るというか、トイレに行きづらいというか。
私が苦手というのもありますが。


続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

ハルコイ

ハルコイ

ちはやふる」と同じ作者の短編集。
妻の強い希望によりレンタル。

全4話でしたが、涙を誘うストーリーあり、元気がでる話ありで楽しめました。
画はちはやとそっくり(同じ?)のもありましたけど(笑)

妻は泣きながら読んでましたよ。
最後あたりで。

でも私はやっぱり「ちはやふる」の方が好きかな。

 ⇒ ハルコイ

薬師寺涼子の怪奇事件簿

薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

薬師寺涼子の怪奇事件簿8 黒蜘蛛島(前編)

10、11巻と感想が前後してしまいましたが、8,9巻です。

話の展開はいつも似てるんですけどね。

事件 ⇒ 涼子サマ、早くも犯人の目星付く ⇒ 再び事件 ⇒ 直接対決 ⇒ あっけなく撃破

みたいな感じ。


続きを読む »

王様の仕立て屋

王様の仕立て屋21

王様の仕立て屋21

前回の話で登場した議員は、パンツ職人のロドリーゴの知り合い。
というより、昔、出世払いにしてあつらえてあげたにも関わらず、議員になった今も連絡すらよこさないので、ロドリーゴは怒り心頭。

優秀な人材が欲しい、アメリカ支店長のフェデリカと、アメリカに行きたいロドリーゴ。
頼りにされたいラウラ、旅に出たいマルコなど、様々な思惑が交錯し、悠は連れ去られるかのように、アメリカに上陸。

悠、マルコ、セルジュのチーム織部。
それに支店長フェデリカ、パンツ職人ロドリーゴ。
さらにラウラ、ヴィレッダ、イザベッラのジラソーレ社第二開発課。

計8人でアメリカ編スタートのようです。

イタリアから遠く離れた土地で、悠がどんなスーツをあしらうか、楽しみです。


続きを読む »

ARIA

ARIA 1

ARIA 1

なごみ系のマンガを探していて、評判が良かったのがこのARIA。

なごみ系の代表とも言える、よつばとあずまんが大王等に匹敵するのか。
そんな期待を込めてレンタルしてみました。

1巻しか見てませんが、画もキレイで、目が上手(なような気がする)。

あ、ちなみに、ARIAの前身はAQUAというマンガなので、そちらを最初に読むのも良いと思います。
(出版社の問題で、タイトルが変わっただけなので、普通に続いているから)

一応AQUAはこちら


続きを読む »

アニメ全般

ローゼンメイデン

ローゼンメイデン

あの麻生首相も読んだというマンガ(でしたよね?)。

画は好きですが、かわいらしい人形と、ひきこもりの少年が主人公なので、正直ためらってました(^^;)
マンガの方は読んでませんが、アニメはなかなか面白かったです。

ローゼンによって作られた人形たちが、たった1人の究極の人形(アリス)になるために、他の6体の人形を倒さなければならないという設定。

続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム