FC2ブログ

ちはやふる

ちはやふる2

ちはやふる2

3人で出場したカルタ大会。
2勝しなくては勝ち進めないところで、優勝候補に惜しくも敗れました。

そして卒業式。
チーム「ちはやふる」はバラバラになってしまいますが、最後にカルタ勝負をして別れました。

ええ。
「かるたを一緒にしてくれてありがとな 千早も太一も でも たぶんもう会えん・・・」
で泣けましたとも(ノ△・。)


続きを読む »

スポンサーサイト



BLEACH (ブリーチ)

BLEACH37

BLEACH37

平子隊長の下で、虎視眈々と機会を伺っていた藍染。
護廷十三隊メンバー(今は仮面の軍勢ですが)を次々と虚化。

それで死にかけた平子やひよ里たちでしたが、駆けつけた浦原や握菱(つかびし)によって命は取り留めました。
さらに夜一さんの助けもあり、藍染たちの企てによって罪を受けそうになっていた浦原たちも逃げおおせたと。

なるほど。
だから浦原や握菱、夜一さんは現世にいたんですね。

やっかいなもんです。
藍染の完全催眠は。


続きを読む »

ただの日記

WBC

WBC見ましたか?
例え見てなくても、散々ニュースでやってましたけど(笑)

感動しましたよ。私は。
岩隈の冷静なピッチングや、マー君の熱さ。

地元球団だからでしょうか。とても感慨深げに見てました。

イチローも神がかってましたしね。

やっつけ仕事でやった給付金云々よりも、一生懸命闘った侍たちによる経済効果の方がダントツ高いでしょうね。

それにしても麻生総理が侍たちへ言ったコメントに、ちょっとイラっとしたのは私だけじゃないはず。

スポーツと政治を一緒に考えるわけにはいきませんが、日本の政治はどうにかならないのかと思ってしまいました(^^;)

BAKUMAN。

BAKUMAN。1

BAKUMAN。1

大場つぐみ&小畑健コンビは、デスノートと同じです。
大場つぐみに至っては、昔のマンガ「とっても!ラッキーマン」のガモウひろしであるということが、ほぼ確定しているようで。

そんなコンビが描いたのがMAKUMAN。です。

マンガ家を目指す中学生の話。
近頃流行の医療系や、妖怪系、刀で斬る系とは一線を画しているあたり、思い切りの良さを感じます(笑)


続きを読む »

珈琲どりーむ

珈琲どりーむ1

珈琲どりーむ1

お茶の老舗、白樺園の跡継ぎ、白樺茶輔(しらかばさすけ)が主人公です。
そしてその彼女は、カフェを営む家の跡取り桜木香織。

さらにお互いの家同士は、それぞれをライバル視しています。

茶輔の将来の夢は、彼女とカフェを営むこと。

そんな設定です。


続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫1

ぬらりひょんの孫1

TSUTAYAをぶらぶらしていて、妻がタイトルに惹かれて手にとったマンガです。

実際レンタルしてみて気づきましたが、やはり妖怪系のマンガ。
気持ち悪い訳ではないので構いませんが、妻は医療系、妖怪系、動物系のマンガが好きなようです。


続きを読む »

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫10

屍姫10

前巻の死神女神(カーリー)のミラム・バルドゥとの戦いの続きから。

光言宗の本山、正確に言うと、玉室を守ることが大僧正の役目。
日本に通う地脈の要ともいえる場所です。

そこを守るために、オーリは、ミラムのような実体化した未練として存在している混成意識の集合体の姿を見ることができる力を生かし、ミラムの本体を探し当てました。

続きを読む »

ちはやふる

ちはやふる1

ちはやふる1

少女マンガの部類に入るこのマンガ。
競技カルタが題材になっています。

オススメの棚にあったこと、妻が絵を気に入ったことでレンタル決定。

(カルタ・・・?)と思って半信半疑で読みましたが、面白いです。
そして、百人一首もルールも分かりませんが泣けました。

オススメマンガ ケテーイ(・∀・ )!です。

続きを読む »

岳(がく)

岳8

岳8

第0歩 私の半分

2年前に山で行方不明になった女性の娘さんは、母の行方不明を受け入れられずに、何度も警察署に足を運びます。

そんな女性を、期限が切れた今でもたった1人で捜索しているのは主人公の三歩。
普段の救助の仕事の合間をぬっては地図を片手に探しています。

そんな時に見つけた水ノ口さんの白骨。
散らばった骨を、三歩は歯まで全てを回収しました。

よく頑張った。

そう言った三歩の言葉は母と娘の両方に向けられていたのでしょう。

続きを読む »

おいしい銀座

おいしい銀座14

おいしい銀座14

春になり、カドヤにも新人が加入しました。
その中でも男性陣の目をひくナイスバディの内田奈穂子は、食品部が希望であるにも関わらず味覚障害。

真理もついつい怒鳴ってしまいましたが、本人にも味覚障害だという自覚がありませんでした。
1ヶ月に30キロ痩せたダイエットが原因。

続きを読む »

ハンマーセッション

ハンマーセッション11

ハンマーセッション11

この11巻が最終巻になりました。

S組が誕生してから、結構あっという間でしたが、ネタ切れでしょうか・・・(^^;
それとも人気がなかった・・・?

とにかく、前巻の話の続きからです。

碓水校長の亡くなった娘にそっくりな天城麻耶。

彼女は気にいらない者には容赦をしない、人に興味も感じない冷たい生徒。
その対象は先生たちへも及び、その仕打ちを受けてしまいます。

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

NHKにようこそ

NHKにようこそ

一時期話題になり、それ以来タイトルだけは覚えていた作品。
ちょうどレンタルの際、1巻だけ残っていたので借りて見ました。

NHKと言っても日本放送協会のことではありません。
N:にほん H:ひきこもり K:協会
です(笑)

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

幻影博覧会

幻影博覧会

舞台は大正。
探偵の松之宮遥(まつのみや はるか♂)と、その助手、高苑真夜(たかぞのまや)が、事件を解決していく話。

独特の雰囲気(大正だし)が気になり立ち読みしてましたが、助手の真夜が不思議なので、ついつい借りて(と言っても2巻までしかありませんでしたが)しまいました。

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

きのう何食べた?

きのう何食べた?

妻が、「料理系だよ♪」と持ってきたので、疑いもなくレンタルしてしまったマンガです。
読んでみると、どこかで見たタッチ。

表紙を確認すると、よしながふみさんの作品。
・・・
アレでした。

続きを読む »

ただの日記

ジブリのDVD鑑賞

ジブリのDVDを観ることがある。

ジブリいろいろ

基本的に夕食を食べながら、そして食後のデザート&コーヒータイムで。

手持ちのDVD、トトロ、紅の豚、千と千尋の神隠し、ハウルの動く城、天空の城ラピュタ、風の谷のナウシカ。

これらをその時の気分で鑑賞することになるが、今頃になって千と千尋の神隠しに謎が多いことが判明。

続きを読む »

その他 過去に読んだマンガたち

ブラッディ・マンデイ

ブラッディ・マンデイ

ドラマでやっていたにも関わらず、完全スルーだったこのマンガ。
ドラマも終わり、比較的レンタル率も下がったところで借りてみました。

登場する人物全てが怪しく見えてくるので、ドキドキワクワク感はもちろんありますが、正直読んでいて疲れます(^^;)

続きを読む »

おいしい銀座

おいしい銀座13

おいしい銀座13

榎木田を探すため、高知出張を利用してやってきた真理は、古くからの友達が経営している旅館で世話になっていた榎木田を発見しました。

榎木田が突然ミツヤフード館を辞めたのは真理のため。
銀座で自分が意欲的に働くことで、他人から恨みを買ったり、大切な人を危険な目に遭わせてしまったから。
12巻参照

続きを読む »

ただの日記

歯痛

歯が痛い。

歯医者に行けばいいじゃないかと言われるかもしれないが、すでに行っている。

にも関わらず、「様子を見よう。虫歯ではないような気もするし」

という曖昧な見立てで終わってしまった。

安心したのもつかの間、時々激痛とも言えるほどの痛みが襲ってくるので油断できない。

やはり、半分は優しさでできているバファリンは手放せない。

ありがとう。

その他 過去に読んだマンガたち

聖☆おにいさん

聖☆おにいさん

ブッダとイエスが下界で同居。
あり得ない設定ですが、彼らの起こすドタバタと、ゆるい感じがツボに入るギャグマンガ。

水をワインに、石をパンに変えてしまったり、後光が射してしまったりと、ナチュラルに聖人ぶりを発揮します。
気楽に読めますし、なかなか面白いマンガ。

仏教とキリスト教を汚さぬように、けれどもクスッと笑えるマンガを描くのはよほど大変なのではないかと推測してしまいますが、今のところ大丈夫なようです(笑)

日本じゃないと描けないマンガでしょうか・・・

聖☆おにいさん

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム