FC2ブログ

私が読んだマンガとアニメ > 東日本大震災体験談

東日本大震災体験談

最後に持ち物について

私が持っていた(自動車に積んでいた)避難グッズは、以下の通りです。

持ち出し袋(リュック)
3日分の非常用食料
水4リットル
軍手
タオル
救急セット
ガムテープ
マスク
ブランケット(ペラペラで銀色の)
ロウソク
マッチ
カイロ
ポケットティッシュ
ボックスティッシュ
ウェットティッシュ
メモ帳
ペン
懐中電灯(ラジオ付き)
LEDの小さな懐中電灯
折りたたみ傘
下着1枚
ラップ
水20リットル入る、たためるポリタンク

そして、地震後、すぐに持って逃げた肩がけバッグに、通帳、印鑑など。

です。


続きを読む »

スポンサーサイト



東日本大震災体験談

東日本大震災まとめ

これまでだらだらと書いてきたものをまとめるのも難しいですが、一言で言えば、非常時に大切なことは「自分の責任において、いかにベストな選択をすることができるか」だろうと思います。

あくまで個人的な意見ですが。

続きを読む »

東日本大震災体験談

東日本大震災6

またまた気付いたことをいろいろと書かせてもらいます。

ちょっと長くなってきましたが・・・


続きを読む »

東日本大震災体験談

東日本大震災5

前回同様、思ったことを書きます。

これまで、記事中でも書きましたが、正規の避難所でなければ避難物資は受け取れません。

私たちがいた集会所のような臨時避難所には1週間経っても、国からの物資は届きませんでした。

これは精神的にも良くありませんでした。

ここの避難所は捨てられた、忘れられた、ズルい・・・

お年寄りもたくさんいましたので、そんな声も聞こえてきていました。


続きを読む »

東日本大震災体験談

東日本大震災4

前回までで、おおよその話は終わりです。

こんな感じで震災以降、生活してきましたが、今回はいろいろ気付いたことを書きたいと思います。

思いついたように書き留めるので、まとまりがないでしょうが、ご了承下さい。


続きを読む »

東日本大震災体験談

東日本大震災3

結局、私たちは1週間ほど避難所にいました。

というのは、正規の避難所ではなかったことで、運営してくれていた方々にも家族があり、避難所にいる人たちばかりをかまっていられないから。

それに、生活用水はもちろん、飲み水も届かない、食べ物もない、灯油もない、そんな状況では、それが限界だったでしょう。

ギュウギュウ詰めだった集会所も、日に日に人は少なくなっていき、最後には6,7世帯くらいしかいませんでしたが、残った人たちで掃除をし、そこを閉めました。


問題はまだ続きます。

続きを読む »

東日本大震災体験談

東日本大震災2

駐車場から車で逃げた私は、まず、妻の実家へ向かいました。

通常であれば、車で10分のその距離も、当時は垂れた電線、落下物、人、動かない信号機で思うように進めず、30分ほどかかったでしょうか。

そこで、妻の祖父、祖母、そして海沿いにあった店から非難してきた妻と義母、そして私の母と合流することができました。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム