私が読んだマンガとアニメ > とある科学の超電磁砲

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲6

とある科学の超電磁砲6

4,5巻の、エピソードのすき間を埋めるような話というか、補填になるような巻でした。

ついでに言えば「とある魔術の禁書目録」の3,4巻の話と同じ。

それを御坂視点で描いてます。


改めることもないかと思うので軽めに。

気になる方は「とある魔術~」の方をご覧下さい。

では内容を。


続きを読む »

スポンサーサイト

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲5

とある科学の超電磁砲5

黒子の活躍の場が少ない。
それが何より不満です(`ε´)

ま、それでも新キャラがいろいろと登場したので楽しめましたが。

あ、第4位のレベル5「原子崩し(メルトダウナー)」の麦野も初登場です。


では。

続きを読む »

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲4

とある科学の超電磁砲4

今回の話は全てシスターズについて。

御坂が自分のクローンの存在を知り、そして出会い、アクセラレータとぶつかるまでが描かれています。

とは言え、「とある魔術~」のマンガ、アニメではすでに登場している訳で、あまり新しさは感じられませんが、それでもやはり「とある科学~」の方が面白いと思うワケです。

さて4巻。


続きを読む »

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲3

とある科学の超電磁砲3


前回、「とある魔術の禁書目録」より、こっちの方が面白いとか言ってましたが、「とある魔術~はもう借りないよ?」と妻に宣告されました。

確かにこっちの方が好きですが、あっちには神裂火織サマが登場するというのに。
あぁ・・・非常に捨てがたい・・・orz

まぁどさくさにまぎれて借りてしまうというのも手ですが。

さて。
木山vs御坂の続きから。


続きを読む »

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲2

とある科学の超電磁砲2

人前でも脱いでしまう、読み手にとってはうれしい人物なのが、大脳の専門医、木山春生。
いきなりネタばれしますが、実はこいつがレベルアッパーがらみの犯人でした。

音楽によって複数の人間の脳をつなげ、高度なネットワークを構築して演算に使うため。
使用した人間は、そのネットワークに組み込まれることで、それぞれの脳の共有ができ、能力がアップするという仕組みでした。


続きを読む »

とある科学の超電磁砲

とある科学の超電磁砲1

とある科学の超電磁砲(レールガン)1

とある魔術の禁書目録(インデックス)のスピンオフ的な作品で、舞台は全く同じ。
230万人もの人口をかかえる学園都市。

投薬や生体刺激によって、人為的に超能力が開発されています。
能力には個人差があり、レベル0からレベル5まで分類。

インデックスの方がレベル0の上条当麻(かみじょうとうま)が主人公ならば、こちらは学園に7人しかいない、レベル5の御坂美琴(みさかみこと)が主人公。

10億ボルトの電流を操る電撃使い(エレクトロマスター)です。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。