私が読んだマンガとアニメ > ARIA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA

ARIA 12

ARIA 12

最終巻です。
前巻のアリスに続き、藍華、灯里のプリマ昇格、そしてアリシアさん引退と、皆のその後。

濃い内容が目白押しです。


最初は人形の話。

灯里が出会った、おじいさと2体の人形。

この内容の濃い12巻で、少し脱線したエピソードのように思えますが、これも灯里の心の不安を表した、必要な話です。


続きを読む »

スポンサーサイト

ARIA

ARIA 11

ARIA 11

最後に向けて盛り上がってきたました。

レンタルしようと思っても、扱っているお店が少なくて困りました。
AQUAから、ARIAの9巻まではけっこうありましたが、10、11、12巻がないという現状。

そもそも在庫が少ないのか、中古として手放されること自体が稀だからなのか。

とにかくARIAを借りて読もうとするなら、最初に12巻まであるかどうかを確かめてからの方がいいですよ。
10巻以降が大事なんだから(笑)

続きを読む »

ARIA

ARIA 10

ARIA 10

裏誕生日の話から。

アクアは1年が24ヶ月。
つまり地球の2倍です。

その暦通りでは、地球の半分しか歳を取らないということになってしまうので、作り出されたのが誕生日。

今回のアリシアさんの場合、10月30日が誕生日なので、裏誕生日は22月30日。


続きを読む »

ARIA

ARIA 9

ARIA 9

最初は灯里がアリアカンパニーの彩色パリーナを作る話。

この部分、アニメでは何も無い状態から灯里が作りますが、マンガだと朽ちてしまったパリーナを新しくするってことになってます。

しかも、アニメではアリアカンパニーの真ん前、アリシアさんがゴンドラを泊める部分のパリーナですが、ここでは灯里が泊めている方、会社の裏手のパリーナです。

アリア社長がここで書いた絵は、アリアカンパニー内に掛けられ、時々映ってます。


続きを読む »

ARIA

ARIA 8

ARIA 8

最初は灯里が慣れ親しんだ舟との別れの話。

長年使っていた黒いゴンドラは、お客を乗せるには傷みすぎてしまったので買い換えることに。
物悲しい灯里は、アリシアさんの勧めもあって、ゴンドラとの思い出ツアーに。

でもコレってアリシアさんにとっても思い出のゴンドラなんですよね(/ー ̄;)

この辺り、漫画だとあっさり終わってますが、アニメだとガッツリ1話(2話?)分あるので、泣ける話ですよ。


続きを読む »

ARIA

ARIA 7

ARIA 7

バーベキュー中に、願をかけて伸ばしていた自慢の黒髪を焦がしてしまった藍華。
平静を装いますが、当然大ショック。

アリシアのようなウンディーネになりたいと伸ばしていた髪でしたが、直属の先輩、晃の一言で気付かされ、藍華はセミロングどころか、ショートヘアになって再デビュー。

なかなか似合ってます。

焦げてもじゃもじゃになった髪でじゃれるヒメ社長。
なぜかポン・デ・ライオンになっているアリア社長がかわいいです。

続きを読む »

ARIA

ARIA 6

ARIA 6

灯里、藍華、アリスの3人は、会社の枠を超えて毎日合同練習をするほどの仲。

ところが、それぞれの先輩、アリシア、晃、アテナの3人も、実は半人前の時からずっと一緒の仲でした。
それぞれが一人前のプリマになり、なかなか会えなくなった今ですが、かわいい後輩がいる今もまんざらではない。
「昔の方が良かった」のではなく「昔も良かった」。

灯里もアリスも、今の素敵を大切に過ごす大切さを知りました。

アニメでのこの場面で、なぜか泣けたんですよね。
アニメだと映像と音楽があるからなぁ。

アテナもかわいいし、もう1回観るか。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。