私が読んだマンガとアニメ > BAKUMAN。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAKUMAN。

バクマン11

バクマン11


字数が多いバクマンは、読むのも大変ですが、ストーリーを文字で追うのも大変です。

ちょっと時間もないので、あっさり目にまとめたいと思います。

では11巻。


続きを読む »

スポンサーサイト

BAKUMAN。

バクマン10

バクマン10

自分たちのわがままで、連載していた作品を終わらせた亜城木夢叶。

次回作は、新妻エイジ作品「クロウ」「+NATURAL」に対抗できるレベルのものでなければなりません。

途方にくれる真城&高木。

担当の港浦が、前担当者の服部に相談したところからスタートです。


続きを読む »

BAKUMAN。

バクマン9

バクマン9

字が多くて読むのに時間がかかるバクマン。

ま、いいんですけど、こうやって内容を書くのにも時間がかかるので、ちょっと困ってます(笑)

では9巻。


続きを読む »

BAKUMAN。

バクマン8

バクマン8

蒼樹紅と電話で意見交換をする仲になっていた高木は、中3の時に告白されてふった岩瀬(現在は小説家)と動物園でばったり会います。

その続きから。


続きを読む »

BAKUMAN。

バクマン7

バクマン7

マンガの中でマンガを描いているという異色の作品BAKUMAN。も、早7巻。

地味に思える内容も、若い主人公たちの夢に向かう熱いハートによって、テンポの良さとスピード感が生まれ、まるで格闘マンガのようです。

今後どこまで続くでしょうか。


さて内容。

続きを読む »

BAKUMAN。

バクマン6

バクマン6

やっぱり画がうまいなぁ。
片づけをしていて、「ヒカルの碁」を見つけてまた読んでしまいましたが(笑)

さて6巻。

真城&高木の「TRAP」が、とうとうアンケートで3位を取ったところから。


続きを読む »

BAKUMAN。

バクマン5

バクマン5

4巻の続き。
真城&高木のマンガ「疑探偵TRAP」の連載が決まったところからです。


今までずっと一緒にやってきた担当の服部は、今回から担当を外れることになりました。

新しく2人の担当になったのは、センスが少し足りないけれど、熱くて勢いのある港浦(みうら)です。

そしてアシスタントも3人付きました。
小河、高浜、加藤。

続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。