私が読んだマンガとアニメ > ぬらりひょんの孫

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫12

ぬらりひょんの孫12

土蜘蛛により、百鬼夜行がほぼ壊滅。

仲間たちが次々と倒れていく中、リクオは人間の姿にもどってしまったところから。

では12巻。


続きを読む »

スポンサーサイト

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫11

ぬらりひょんの孫11

羽衣狐を含む、京妖怪の軍勢と戦う花開院の陰陽師たちを助けるために、奴良組&遠野妖怪が、空飛ぶ船で京都に向かっているところでした。

京都に近づいた所で、白蔵主(はくぞうず)率いる妖怪たちに襲われましたが、認識をズラす鏡花水月で有利に立ち、白蔵主自慢の槍も粉々。

という前巻。

それで今巻はほぼバトルです。

では内容を。


続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫10

ぬらりひょんの孫10

前巻で、妖怪の力の第一段階「はつ(鬼遍に發)」と、第二段階「ひょうい(鬼遍に憑)」を身につけたリクオ。

羽衣狐率いる京妖怪の軍勢によって、劣勢に立たされている花開院の陰陽師たちを助けるために、奴良組&遠野妖怪が、船団で京都に向かっているところから10巻スタートです。


続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫9

ぬらりひょんの孫9

軽く復習を。

黒髪の女子高生に取り憑く形で京都に復活した、転生妖怪の羽衣狐。

封印を守っていた花開院家は、次々と結界を破られ大ピンチです。


友人でもある花開院ゆらの力になるために、京都へ乗り込もうとしたリクオでしたが、ぬらりひょんに止められ、奥州の遠野一家へ丁稚奉公(ってか修行)に。

そこは極寒、極悪、極強の3Gの地。

リクオはどんな修行を・・・というところからでした。

では9巻。

続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫8

ぬらりひょんの孫8

羽衣狐(はごろもきつね)との戦いがスタート。

というか、まずはぬらりひょん(じいさんの方)と花開院家の関係、そして羽衣狐との因縁などが明らかになります。

そして、復活した羽衣狐と、リクオ、花開院は・・・という感じ。


では8巻。


続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫7

ぬらりひょんの孫7

個人的には飽き気味のぬらりひょんの孫ですが、なぜか妻は気に入っているようで。

1冊50円で1週間レンタルでなので、不況とは言え、まぁ、それくらいは許しましょう。
マンガに限らず、本を読んでいるとおとなしいし、何と言ってもどっか連れて行けとか、何か買ってくれとか言われないのが大きいし。


さて7巻。

続きを読む »

ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫6

ぬらりひょんの孫6


リクオの百鬼夜行vs八十八鬼夜行の大将同士が切り結んだところ。

一騎打ちに見せかけて、控えていた夜雀(よすずめ)によって視力を奪われてしまいます。

リクオはまんまと視力ゼロですが、そこに雪女、つららが登場。
リクオを守るために、夜雀と対峙。

つららも視力を奪われましたが、自分の目を凍結させることで左目だけはセーフ。

呪いの吹雪 風声鶴麗(ふうせいかくれい)で、夜雀を退けました。

つららも青田坊もカッパも首無も、皆強かった訳です。


続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。