私が読んだマンガとアニメ > 西洋骨董洋菓子店

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋骨董洋菓子店

西洋骨董洋菓子店4

西洋骨董洋菓子店4


もっと続いても良さそうなこのアンティークも、これが最終巻。

2巻のクリスマス編に出てきた、子供が4歳の時に亡くなったと言っていたおばさん。
彼女がアンティークでケーキを2つ買って行きます。
家には50代の男性が。

夫婦かと思いきや、このおばさんは、たぶん家政婦。

この男性も20年以上前に息子を亡くしてしまっていました。
ところがボケていて(?)、まだ息子がいるような錯覚を起こしています。

続きを読む »

スポンサーサイト

西洋骨董洋菓子店

西洋骨董洋菓子店3

西洋骨董洋菓子店3

3巻は巨乳女子アナユニット、ハルカ&タミーから始まります(笑)
中津遥(なかつはるか)と各務民子(かがみたみこ)のコンビ。
個人的に印象に残りました(^^;)

デパ地下に期間限定で出店したアンティーク。そしてその取材として小野のケーキと出合った彼女達。
この中津先輩。次の話にも出てきますし、4巻でもさりげなく出てきます(笑)

続きを読む »

西洋骨董洋菓子店

西洋骨董洋菓子店2

西洋骨董洋菓子店2

実は橘は財閥の会長の孫。
だから突然会社を辞め、ケーキ屋をやると言っても可能だったんですね。

あ、甘やかされている理由はありますよ。
子供の頃の誘拐です。
そのために周りは気遣って、ってやつです。

一方、橘自身、賢い子供だったので、こちらも周りに気遣っていました。

続きを読む »

西洋骨董洋菓子店

西洋骨董洋菓子店1

西洋骨董洋菓子店1

これまた妻の趣味で借りた本です。
料理系が好きという他にも、絵が好きという理由、さらにはホ○も意外に好きという理由で(-_-;)

少女マンガに分類されるこの本も、好き嫌いせずに読まないと、夫婦生活も難しくなるかもしれません(笑)

という訳で1巻から。

続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。