私が読んだマンガとアニメ > 屍姫 (シカバネヒメ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫11

屍姫11

オーリが死を呼ぶ不吉だという話からスタート。

どうやらオーリ自身、人の社会に紛れた、死を呼び込む存在のようです。
度々見えていた黒猫も、死の予兆であり、オーリの本質。

つまり、どちらかと言うと、オーリは屍側の人間。

今後、オーリが何かで死んでしまったら、屍として生き返るって伏線でしょうか?


続きを読む »

スポンサーサイト

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫10

屍姫10

前巻の死神女神(カーリー)のミラム・バルドゥとの戦いの続きから。

光言宗の本山、正確に言うと、玉室を守ることが大僧正の役目。
日本に通う地脈の要ともいえる場所です。

そこを守るために、オーリは、ミラムのような実体化した未練として存在している混成意識の集合体の姿を見ることができる力を生かし、ミラムの本体を探し当てました。

続きを読む »

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫9

屍姫9

送儀嵩柾(そうぎたかまさ)と、その屍姫イツキは愛し合っています。

まぁ私的にも、いつも怒ってる風の主人公のマキナより、イツキ派ですけど(爆)

嵩柾は自分の過去をオーリに話すことで、屍姫との関係のありかたについて分かってもらいたかったようです。

そしてオーリは、マキナと主従という関係でも、男女という関係でもなく、目的を同じくする友達という関係でいることを決意しました。

続きを読む »

屍姫 (シカバネヒメ)

屍姫(シカバネヒメ)8

屍姫8

名前からして避けたいマンガですが、困ったことに妻はちょっと血なまぐさいマンガが好きです(-_-;)

どうしても読みたそうだったので、我慢して借りました(笑)

続きを読む »

カテゴリ

記事ランキング

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

黒ねこ時計

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。